ビスくんのフリースタイルライフ

ビスくんのフリースタイルライフ

節約生活とともに、フリースタイルライフを目指します。

スポンサーリンク


GPSは未来の架け橋になるか?人工衛星みちびきが打ち上げられました。

f:id:biskun:20170603201828j:plain

びすくんです

 

2017年6月2日 午前9時17分に、種子島宇宙センターから、日本版準天頂衛星「みちびき」を乗せたH2Aロケットが打ち上げ成功しました。

 

「みちびき」って何?

準天頂衛星という、いつでも日本上空を飛んでいる衛星になります。

準がついていることから、「だいたい」といったところでしょうか。

※通常は日本とオーストラリアを、地球を停止させた場合、8の字で描くように飛んでいるような軌道を衛星4機を使って実現させるそうです。

f:id:biskun:20170603211507j:plain

 

2010年に、初号機である、みちびき(QZS-1)が発射され、上空を飛んでいます。

今回は、2号機の「みちびき」が打ち上げ成功しました。

 

2017年の今年には、後2つの衛星を打ち上げ予定となっており、2018年には合計4つの「みちびき」でシステムの運用が開始される予定です。

 

2020年には、さらに最新の衛星を打ち上げることで、計7機体制で運用されると閣議決定されているとのこと。

 

GPSの向上

4機の「みちびき」により、誤差数センチの高精度の運用が行われる。

4つの内の数機が正確な位置情報を取得できるため、ビルなどの影でもGPS情報を取得できるようになるそうです。

f:id:biskun:20170603203001j:plain

 

現在のGPSだと、私のipadでは、隣の家に居ることになっていますw

トンネル等では受信が無理ですが、高層ビル群の中などでは、確実に受信できるようになりそうです。

 

高精度になると、数センチの誤差というと、ほぼ正確な位置情報を取得できるわけで、それに特化したサービスが始まりそうです。

 

GPS(位置情報)サービスの今後期待されることは?

・ドローンによる、自宅のベランダへの配送

 楽天市場のドローン試験で、GPSを使って荷物配送の実験をやっていました。

 近い未来、楽天ドローンが登場するかも?

 

・安全な自動車の自動運転

 騒がれているAIを使った自動運転などの技術向上には欠かせない。

 現在どこに居るのか?正確な情報が必要不可欠だからです。このGPSサービスが始まることによって、ようやくスタートラインに立てる気がします。

 

・トラクターが自動で農地を耕す

 農地でのトラクター無人運転は、よくニュースでも見ますが、

 正確な地図データがあれば、隅から隅まで正確に作業をやってくれるそうです。

 

・IT関連に関わった製品が出てきそう

 AI、IoT、に続いてGPSが含まれ、この3つが揃う事で、さらなる技術が生まれてきそうです。

 

まとめ

2010年に打ち上げた、初号機でも、数々の実験や検証が行われてきました。

 

自律走行ロボットが多くを占めているようで、農業からロボットまで広い範囲で検証が行われたようです。怪我した人や、足の悪い人の歩行支援機器などもあったようです。

  

災害時に役に立ちそうな物では、無人機による物質の搬送、災害通報が多く含まれています。孤立した集落へのドローンでの救援物資搬送なんて出来そうですね。

 

中には、鳥人間コンテストでも使用されていたそうですw

姿勢角、位置、気圧高度の測定結果の評価に使ったそうです。

  

分野別利用実証参加件数のグラフです。多種多様にわたっています。

それだけ、このGPSに期待を掛けているかがわかりますね。

f:id:biskun:20170603214829j:plain

今後、さらに色々な分野で衛星を使用しての実験が行われることで、身近に使用できる情報端末や、無人機が作られるようになり、活用が期待されそうです。