ビスくんのフリースタイルライフ

ビスくんのフリースタイルライフ

節約生活とともに、フリースタイルライフを目指します。

スポンサーリンク


2018年3月のアセットアロケーションをチェック。インデックス投資が本命?

びすくんです

 

2018年3月半ばのアセットアロケーション状況です。

 

今月3月は米国ETFである、PowerシェアーズQQQを購入しています。 

 

ハイテクを網羅するQQQですが、NASDAQ100をベースとしているため、上位にはハイテクが入っていますが、見えない所にはハイテク以外の企業も多く入っています。

それが、吉とでるかは分かりませんが、なぜこのQQQを選んだかというと、AMAZONが入っているからです。

同じようなハイテクメインのETFでは、バンガード社のハイテク関連ETFである、VGTはハイテク100%で組み込まれていますが、AMAZONは入っていません。

 

スポンサードリンク

 

本命はやっぱりインデックス投資

f:id:biskun:20180320222729j:plain

全体の資産を見ても、インデックス投資が主立っています。

・VT 世界全体の株式

・VOO 米国株式(S&P500)

・VWO 新興国株式

・QQQ 米国株式(NASDAQ100)

・ニッセイ外国株式インデックス(世界全体)

色々なインデックスによる投資方法がありますが、VTが一番多く続いてVOOで殆どカバーしています。

どちらかというと、もともと米国株式寄りですので、米国市場の混乱をマトモに受けます。

 

つい最近では、FB(フェイスブック)の下落、ウーバー社の自動車の自動運転での事故など、さまざまなニュースが入ってきます。

自動運転については、当分の間は自動運転での試験は中止する意向から、1歩後退しそうな感じです。

日本はというと、安全アシスト技術が入った車が多く販売されています。

しかし、このアシスト!という点は、事故を未然に防いでくれる訳でもないのがキモです。

以前に、トヨタプリウスが急発進し、横断歩道の人をはねる事件が発生しました。

アシストで、前方にいる人を検知できません。

 

自動運転も同じように、前方に人が居たとしても検知はしても、動作はされなかったのではと思います。話では65キロのスピードで走っていたそうで、突然人が横断してくれば、止まることは可能だったか微妙ですね。

 

おわりに

3月の状況としては、世界全体での市場下落というよりは、アメリカ発信の出来事による下落が引き金になっています。

もちろん、インデックス投資の海外分も漏れなく下落しました。

連れ立って日本市場もその波を受けています。

 

日本では、森友問題が話題となり、内閣不信で支持率も下がっています。

米国では、貿易戦争が起こるかもしれない?で騒ぎになっています。

3/21には、利上げもあります。

 

今後色々な状況になっていくとは思っていますが、長期投資を目的として投資しているので、結構安易に市場を見ていたりします。

それが良いのか悪いのか?は分からないですが、ある一定のリスクを取って投資しているので、そこは仕方ないのかもと、最近思っています。