ビスくんのフリースタイルライフ

ビスくんのフリースタイルライフ

節約生活とともに、フリースタイルライフを目指します。

2014年に購入したNISA枠のファンドを売却。さよならニッセイ外国株式ファンド

f:id:biskun:20180520231257j:plain

びすくんです

 

2014年にNISAで購入していた、ニッセイ外国株式インデックスを売却しました。

 

当時は、NISAでの上限金額が100万円と決まっていたので、すべてこのファンドに投資していましたが、売却時には、+41%の利益が出ています。もちろんNISAですので税金も取られていません!!

4年と半年で、ここまで成長してくれたので、NISAの恩恵を感じられました。

 

f:id:biskun:20180526145602j:plain

 

非課税の文字がキラリと光ってます♪

長かった4年半の歩みチャートです。

f:id:biskun:20180526151903j:plain

上下はしていますが、現在では、基準価格を15000円となっています。

 

この大きく上下した際には、色々と問題を起こすなど、インデックス投資界隈では話題の尽きないファンドでした。

たびたび、「またニッセイ外国株式がやらかした!」の記事が出回り、違うファンドに乗り換えたいとか考えていました。

 

ニッセイ外国株式インデックスの乖離問題

通常、このニッセイ外国株式インデックスは、ベンチマーク(MSCIコクサイ・インデックス)にピタリとついていくように運用される訳ですが、市場の暴落や暴騰についていけず、乖離した値をたびたび出していました。

 

他のインデックスファンドでは、正常な動きをしてたわけなので、ニッセイだけやらかしています。

市場の動きに敏感についていけない、インデックスファンドは持っていても意味が無い!とさえ、当時思っていました。

今回、売却することで、さよならになります!

が、実は個人型確定拠出年金で、当ファンドを少し持っていたりしますw

 

詳細については、「むねやんさん」がまとめているので、見てもらえると良いかも!


売却したキャッシュはどうしようか?

色々と考えていますが、まだ決めていませんw

似たようなファンドにするならば

eMAXIS Slim 先進国株式

 

ETFにするなら、VTだよね。または楽天

・VT

楽天バンガード(全世界)

 

ETFの高配当株式

・VYM

HDV(一時期、これの日本版JDRというのをもっていました)

 

はたまた、米国個別株か?

昔から欲しかった黄金銘柄

・JNJ ジョンソン&ジョンソン

 

はたまた好調なハイテクか?

と色々試行錯誤を繰り返しています。

何を購入するかは、良く考え実行に移したいと思います。

 

 

《参考》

私の使用している証券は、SBI証券になります。

ほとんどの株式は、SBI証券をメインにして投資しています。

口座がまだでしたら、資料請求から初めてみると良いかも。

SBI証券 (右上の「今すぐ口座開設」から)

楽天証券

マネックス証券

購入手数料、口座手数料も安いので、オススメとなっています。

口座開設には、マイナンバーカードが必要になってきましたので、ご注意ください。

 

投資をはじめるなら、良い本を読むことをオススメします。

オススメの投資本を紹介します!投資する前に読みましょう!

2018年5月の個人型確定拠出年金(iDeCo)の運用状況。#コツコツ年金積立

f:id:biskun:20170418121017j:plain

びすくんです

 

2018年5月の、イデコ(個人型確定拠出年金)の運用報告になります。

毎月コツコツと、年金の積立を実施中です。

 

イデコ内では、大部分が定期預金にして保持しています。

その他には、現在は、iFree NYダウインデックスを購入して積立を行っています。

現在の設定金額は、20,000円/月です。

 

個人型確定拠出年金についての詳しい内容については、過去記事をお読みください。

 

biskun.hatenablog.com

 

 

累計での結果報告

 

f:id:biskun:20180525200403j:plain

去年までは、DCニッセイ外国株式インデックスに100%投資していましたが、現在では、ほぼ9割以上を安全資産の、あおぞらDC定期(1年)に変更しています。

退避した訳は、北朝鮮リスクと中東リスク(当時はISS)を想定していました。

現在では、リスクは軽減されていますが、今後どうなるか不明ですので、そのままの予定です。

 

定期預金にした部分はそのままにし、新たに積立を開始しています。

DCニッセイ外国株式インデックスに、80,000円

iFree NYダウインデックスに、80,000円が積み上がっています。

 

去年からNYダウは順調に上昇していましたが、今年に入ってからは上に向かう力が減っており、ダウ平均は25,000ドルを超えず、この付近で上下している感じです。

 

それでは、前月との比較です

 

資産残高  2,888,735 +23,471

拠出金累計 2,252,283 +20,000

損益    636,452  +3,471

損益率   28.3%     -0.1%

 

わずかな差ですが、ようやく先月からすると外国株式インデックスが上昇をはじめているため、良結果となっています。

 

資産残高の推移はこんな感じ

f:id:biskun:20180525201304j:plain

拠出金を10,000⇨20,000円にしてから、4ヶ月が経ちました。

資産については、やや上昇中といったところです。

殆どの資産が、あおぞらDC定期ですので、グラフの上下は見えないですね。

 

 

元本変動型商品のランキング

f:id:biskun:20180525201512j:plain

上位の、ひふみ年金、DCニッセイ外国株式インデックスは不動です。

3位にバランスファンドの、iFree 8資産バランスが入ってきました。

私が設定している、iFree NYダウインデックスは、4位と好位置。

 

アクティブファンド、インデックスファンド、NYダウ平均連動にまぎれて、バランスファンドが入ってきたのがちょっと驚きですね。

 

新規に購入している人が、iFree 8資産バランスを購入しいるのかもしれません。信託報酬も低く、バランスよく投資しているファンドなので、人気がでるのがうなずけます。

 

ひふみ年金については、最近では組入銘柄がガラリと変わっていたりします。

f:id:biskun:20180525202034j:plain

1位、2位、4位には、アメリカ株式が入ってきています。

どれもが、ハイテク関連に関係する株式です。

ひふみ投信の考え方が徐々に変化しており、今後も変化していくだろうと思わます。もしかしたら、半分くらいは米国株が専有してしまうかも?

 

以上、2018年5月の個人型確定拠出年金の運用報告でした。

 

 

《参考》

個人型確定拠出年金を始めるなら、下記の証券の口座開設したほうが良いと思います。

SBI証券の場合は、資料請求から始めてみるのがオススメです。

SBI証券

楽天証券

マネックス証券

この2つが、現状、最良の商品を取り揃えています。

また、口座手数料も安いので、オススメとなっています。

 

投資をはじめるなら、良い本を読むことをオススメします。

オススメの投資本を紹介します!投資する前に読みましょう!

FP相談による、地方での暮らしの現状が垣間見れる

f:id:biskun:20180426212819j:plain

びすくんです

 

私も地方在住です。

終末になると、新聞公告に求人情報の一覧のチラシが入ってきたりします。

体外が、派遣社員契約社員が多く、正社員の求人は少なめです。

それも、正社員だとしても、給料は首都圏と比べると安く、税金とか社会保険を引いたら、手元に残るのはわずかな金額となります。

地方では高齢者が多くなり、子育て世代が都会と比べ厳しい現状があり、ますます出生率も低くなるのは、地方に元気が無いためとも言えそうです。

 

あるじゃん(All Aboutマネー)の記事がYahooサイトに乗っていたので紹介します。


首都圏からのIターン移住で、北海道に住まわれた方からの相談です。

毎月、少量の赤字での家計から脱出したいようで、今後どのようにしたらよいのかFPに相談しています。

 

家計収支データがこちらです。

収入28万に対して、支出が28万6000円と赤字になっています。

f:id:biskun:20180524093627j:plain

FPでない私から見ても、必要最小限の生活をしており、苦しい状況が見て取れます

・固定費である、家賃、車両費(車二台)、電気水道ガスですので省くこともできそうにないですね。

車両費が一番高く、ボーナスも全部車に取られているのもポイントです。地方は車が無いと生活できないんですよ・・・

 

・保険料に目が行きがちですが、夫婦2人で6000円。

子供は2人で、保険の8割は学資保険に入っている事。

 

・教育費は、小学校10000円、幼稚園35000円、そろばん3000。

これ以上省け無さそうです。

 

・通信費が高く思えますが、固定電話5000円、プロバイダ2000円、NHK1000円、携帯10000円とのこと。出来るとすれば、携帯料金を格安スマホにするくらいでしょうか?

家計が苦しいのであれば、固定電話、新聞も辞めるのも手かもしれません。

 

・雑費の20000円が気になりますが、日用品などを購入すると、1家庭ではそのくらいなんでしょうね。省けるなら、最小限にするしかなさそうです。

 

ギリギリの生活のように見えてきます。

それにしても、夫のボーナス8万円が悲しすぎる。

首都圏の給料UPなどは、大都市圏内だけであって、地方ではその恩恵は無いです。

 

 

FPからの提案

下の幼稚園の子供が小学校に入れば、教育費は下がるので、その分を貯蓄する事ができます。ちょっとは家計が楽になりそうです。

それ以降は、月5万円の貯蓄をして、年間60万を貯めましょう!

10年間で600万円がたまります。

あとは、少なくとも65歳まで働く、70歳まで働ければ更に良い。

というアドバイスです。

 

とのことですが、はたから見ると、若干無理な提案のように感じます。

 

相談者さんからの回答ですが、妻がフルタイムで働く事。70歳まで働く。

と結論づけたようです。

 

個人的にススメルとすれば?

できれば夫の給料で賄える生活にすべきで、妻の給料は貯金か資産に回す。

と言いたい所ですが、ギリギリすぎて、言い難いところがなんとも。

 

ツッコミするとすれば、資産300万、外貨預金100万の資産を持っていますが、外貨預金を、S&P500指数の米国資産への変換等が良いかもとか思いました。

外貨預金 ⇨ iFree S&P500・インデックスファンド

 

iDeco(個人型確定拠出年金)や、NISAも考慮に入れるべきかもしれないですが、iDeCoで節税しながら年金を蓄えるのも良いと思います。しかし、もしもの時に現金に戻せないので、できれば10000円程度と、少ない金額でも良いから積み立てるのも手かもしれない。

iDeCoに抵抗があるのであれば、つみたてNISAで資産運用が良さそうです。

 

まとめ

マネーフォワードのFP相談とかと比べると、かなり差のある質問者でした。

以前に、記事にしたFP相談の方では、毎月40万以上出費しています。 

地方在住では、今回のような生活をされているかたが殆どかと思います。

地方の生活に合わせた生活をしないといけないですが、生活は苦しい。

そして、子供にかかる費用が多く占め(食費も)、少子化対策は地方にこそ必要かと思っています。

地方の子供にだけに何かの支援金が必要そうではありそうですが、不平等になるため、国の政策としても出来ないのが現状です。

 

今回のFP相談では、地方の闇が少し見えた気がします。

 

2018年5月のポートフォリオ、運用状況は?米国市場好調で海外比率が上昇中。

f:id:biskun:20170501193647j:plain

びすくんです

 

2018年5月のポートフォリオをチェックしました。

今月の変更点としては、米国個別株のエヌビディア(NVDA)を購入しました。

ハイテク関連がさらに上昇するのではないか?と考えていますが、最近では半導体製造装置メーカーのアプライド・マテリアルズ(AMAT)が大幅下落するなど、ドキドキしながら状況を見ていました。

 

2-3月の米国金利上昇に伴う、市場の下落は現状戻しつつありますが、高配当株については下落した状況から脱していません。

 

地政学的リスクとしては、北朝鮮問題、イラン関連の問題が沈静化してくれれば、さらに良くなりそうですが、不透明感な状況となっています。

6/21に行われるであろう、米朝首脳会談の流れもニュースを見る限りどうなるのか不安ですね。

 

まずは、ポートフォリオからです。 

 

現在のポートフォリオ

 

詳しいポートフォリオ比率(前月比) 

日本株式   25.6%  -0.7%

海外株式   47.6%  +0.9%

新興国株式  6.7%    ±0.0%

日本債券   0.7%    ±0.0%

金・プラチナ 19.5%  -0.5%

 

比率としては、日本株式が下がり、海外株式が上昇しているように見えます。

円/ドルの為替の関係と、海外株式の復調から比率が大幅に増えています。

4月の決算発表が終わり、5月のセルインメイですが、現状はそれ程悪くなく、NYダウも24,000から、25,000ドル付近まで上昇しています。

 

金・プラチナ市場については、比率がマイナスとなっています。

特に、プラチナ市場のマイナスが響いており、今後の方針をどうしようか?と悩んでいるところです。(´・ω・`)

 

全体でみると、新興国株式がやや思惑から外れており、比率が下がっているので買い増しの方向へと向いたいところです。

 

スポンサードリンク

 

現在のアセットアロケーション分析

資産全体の「期待リターン」と「リスク」の予測値です。

 

期待リターン(年率) 5.26%

リスク(年率)    17.34%

 

前月と比較すると、期待リターンはそのまま、リスクが+0.02と誤差範囲内です。

下記サイトを利用して計測しました。

投資信託のガイド|ファンドの海

 

 

アセットアロケーション分析では、リスクとリターンを考えれば平均値と呼べる感じになるかと思います。

 

現在の積立て投資について

現在積立てしているのは、3箇所になります。

・純金プラチナ積立てを、田中貴金属で、純金7,000円とプラチナ3,000円を積立てています。

・個人型確定拠出年金(iDeCo)にて、iFree NYダウ・インデックスを、月20,000円積立てしていますが、こちらは年金積立てですので、サブ的な関係上、グラフには反映していません。

楽天スーパーポイントを使って、投資信託を購入中です。

iFree S&P500インデックスを積立てていましたが、商品を変更しました。

今後は、楽天 全米株式インデックスファンドへと変更しています。

 

最近の経過はこちらから 

 

日本株式と外国株式のポートフォリオ

 f:id:biskun:20180424220711j:plain

TOPIX上場投資信託を使って、インデックス投資を行っていましたが、日本での比率の問題で、個別株(優待株式)を優先して残した関係上、個別株が88%と多めの比率となっています。

優待品狙いですので、当分の間は売らずに保持し続けると思います。

米国のETFである、VTを保持しているので、5%程は日本に投資している状況になります。

 

つづいて外国株比率です。

f:id:biskun:20180523203713j:plain

米国での株式では、ETFを利用し、VTとVOOが多くを占めており、安定運用を心がけています。

インデックス投資の部分の核となる、この2つのETFですので売らないようにストロングホールドを貫きます!!逆に少し増やそうかと考えている所です。

 

個別株では、新たにエヌビディア(NVDA)を購入しました。

インテル(INTC)に続いて、2つ目のハイテク関連銘柄です。

両方とも好調な半導体分野です。ここ数年は半導体の需要が高くなるであろうと考えて投資しています。

エヌビディアについてはAIや、仮想通貨のブロックチェーン技術関係もからんでおり、さらに需要が上がるのではないか?とも考えています。

 

ディフェンシブ銘柄であった、P&G、コカ・コーラ(KO)、アルトリア(MO)、フィリップ・モリス(PM)は下落した状態のままで、冴えない状況が続いています。

偏って高配当銘柄に資産運用をしていたためか、現状は酷い有様です(´・ω・`)

 

やはり、インデックス投資が一番だと思わされる局面になっています。

 

最後に、現在所持している資産一覧を記述して終わります。

 

主に下記のものに、投資しています

日本株式 25.6%

 (1306)TOPIX連動型上場投資信託ETF

 日本個別株 株主優待銘柄です。

 

海外株式 47.6%
 米国ETF VT バンガード・トータル・ワールド・ストックETF

      VOO バンガード S&P500ETF

      QQQ パワーシェアーズ ナスダック100ETF

 ニッセイ外国株式インデックスファンド

 たわらノーロド先進国株式

 iFree S&P500インデックス

 楽天 全米株式インデックス(ポイントで積立中)

 米国個別株 KO コカ・コーラ

       MCD マクドナルド

       MO アルトリア

       PG P&G

       PM フィリップモーリス

       BA ボーイング

       INTC インテル

       NVDA エヌビディア(新規購入) 

 

新興国株式 6.7%

 VWO バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF

 三井住友TAM-SMT新興国インデックス・オープン

 

国内債券 0.7%
 DIAM公社債OP中期

 

純金・プラチナ 19.5%

 田中貴金属工業 GP@積立てくん 純金/プラチナ積立(積立中)

 

番外編

個人型確定拠出年金(iDeCo) iFree NYダウ・インデックス(積立中)

 

以上、2018年5月のポートフォリオ状況でした。

 

 

《参考》

私の使用している証券は、SBI証券になります。

ほとんどの株式は、SBI証券をメインにして投資しています。

口座がまだでしたら、資料請求から初めてみると良いかも。

SBI証券 (右上の「今すぐ口座開設」から)

楽天証券

マネックス証券

購入手数料、口座手数料も安いので、オススメとなっています。

口座開設には、マイナンバーカードが必要になってきましたので、ご注意ください。

 

投資をはじめるなら、良い本を読むことをオススメします。

オススメの投資本を紹介します!投資する前に読みましょう!

Wおどり炊き SR-SPX107を1ヶ月使ってみた所感。使い方難しかった

f:id:biskun:20180423110621j:plain

びすくんです

 

パナソニックの炊飯器を購入してから1ヶ月間、使用しました。

現在では最新機種ですが、あと数日すぎると最新機種が発売されますw

※2018年6月1日に最新機種が発売されます。

 

安くなった所を見計らって購入したので、安く購入できました♪

 

初めのうちは使用するのに、悪戦苦闘したので、その時の話になります。

 

蒸気が変な所から出るんだけど?

お米を炊いてる途中に、通常の蒸気口から蒸気がでるんですが、炊飯器の横からプシューと湯気が出ることがありました。

 

マニュアルを読んでみると、内蓋の故障です!と表記

こ、これは初期不良か?と思い、電話するところでした。

 

原因は、内蓋の、加圧を制御する箇所にお米のノリが詰まっていたようで、ここを念入りに掃除というか、水道の蛇口で水を流しながらボタン連打したら、ノリがでてきましたw

f:id:biskun:20180522234009j:plain

赤丸部分がバネ仕掛けになっているのですが、その内部の掃除が必要そうです。

メンテナンス性が悪く、水道で水出しながら連打するしかないようです。もう少しメンテ方法を考えた方が良さそう。

※三洋製の時には、この部分はシリコン製?の蓋になっていて取り外しが可能でメンテが楽でした。

 

炊飯器の水の調整に四苦八苦

このWおどり炊きには、スチーム用の水を入れる容器があり、炊飯時や、保温時には水をその容器を熱する事で、スチームが出るようになっています。

 

通常の水の量と、スチーム用の水の量。

この2つが合わさる事で、水加減がわからん!w

 

お米の量に水をピッタリにして炊いたはずが、お粥みたいな炊きあがった事もあり、使っていて結構不便だったりします。

 

スチーム用水を入れないで炊いたり、釜の水を少なめにして炊いてみたりとか、色々試しました。

 

最新鋭の機種なわりには、人による部分が多く使い方がイマイチ難しい機種と感じました。

 

おわりに

散々酷評を書いてしまいましたが、現状は、ふっくらした美味しいごはんが炊けています。

スチームに関しても、長時間放置していれば、適時にスチームで水分を入れてくれるようで、朝炊いたご飯が夜でもふっくらして美味しかったです。

悪い点もあれば、良い点もあるので、道具は使い方次第。

ただ、使い方をもう少し手軽にしてほしかったですね!

 

やはりクレジットカードだよりじゃ駄目だよね。

f:id:biskun:20160722222916j:plain

びすくんです

 

毎月、ネット通販を使用してクレジットカードを利用しています。

使用カードは、楽天カードのVISAです。

使用することで、ポイントが付きますが、現金を使っている感じがやはり無く、毎月メールで使用額がでてくると、ビックリします。

 

「クレジットカードを使うと消費が2割程度増える」の通り、前よりも消費率が上がってきています。

 

MONEY PLUSの、FPの家計診断シリーズを読みました。

今回の相談者は、毎月赤字体質で、クレカ頼りの自転車操業だそうです。

 

 

〈相談者プロフィール〉
・女性、37歳、独身、1人暮らし
・職業:会社員
・居住形態:賃貸
・手取り月収:18万円
・毎月の支出目安:15万円

この他に、携帯を落としたらしく、新しく携帯を購入したことで、毎月2万かかっているそうです。

それと、先月のクレカ代金が加算されます。

 

昔の私の状況と同じ感じがします。

 

私の場合も似たような状況でした。

毎月末になると、私の場合は消費者金融から現金を借り、利息分だけ返却していました。

クレカも似たようなものですが、コチラのほうが金銭感覚が無くなってしまうので、余計悪いと感じます。

 

FPの解決通り、現金を使用する事。

クレカ⇨デビットカードにする。

携帯は、格安SIMへ乗り換える。

 

他の固定費に関しては仕方ないですが、出来る所から節約するしかないですよね。

NISAが始まってから、4年が経過します。移管される前に別の資産に鞍替えしようかと思います。

f:id:biskun:20180520231257j:plain

びすくんです

 

NISA初年度に購入していた、資産が、今年で5年目を迎えます。

とういことは、NISAから外れて特定口座へと移動するわけです。

気がつくと、もう5年になってしまうんですね~(しみじみ)

 

購入していたのは、「ニッセイ外国株式インデックスファンド」だったのですが、含み益もあり、一旦これを売却しようかと考えています。

現在では、4年と5ヶ月が経過し、+40%の利益が乗っています。

当時は、インデックス投資一本槍でしたので、もちろん外国株式インデックスファンドであり、低信託報酬であった当ファンドを真っ先に購入しました。

去年2017には、大幅に上昇しており、結果的には資産の拡大につながっています。

 

売却しておいて、キャッシュで持っておくべきか、それとも別の物を購入するか?を考え中です。

 

スポンサードリンク

 

資産運用はどうするべきか?

NISAを売却した場合には、税金が取られないので、そのまま現金として払い出されます。その現金を投資に当てるのか、一時的にキャッシュで保持しておくかが悩みどころです。

 

新たに資産として保持するのであれば?

米国のETFだと、同じような物だと、VTが上げられます。

さらに米国よりにすれば、VOOが良いかもしれません。

はたまた、米国個別株か!?

 

2018年の現在は、米国債金利上昇がからみ、5月の市場は停滞ぎみです。

最近では、高配当株式が大幅下落しており、今が買い時なのかもしれません。

それとも、上昇を続けるハイテクに乗っかるべきか?と、色々悩んでいます。

 

それにしても、NISAの5年縛りは、やはり短いですね。

だから、つみたてNISAが出来たのかもしれませんが、こちらは方向性が違うので、何とも言えません。

 

まとめると、ETFなら

・VT 世界全体に投資

・VOO 米国の大型500種類に投資

HDV 米国高配当銘柄に投資

・VYM 米国高配当銘柄に投資

 

米国個別株式なら

・JNJ ジョンソン&ジョンソン ヘルスケア大手

・AMZN アマゾン 通販大手、クラウド

・ハイテク関連

 

はたまた、キャッシュで確保しておく。

 

色々選択肢が多いので、悩みながら、考えたいと思います。

2018年5月3週の市場動向はどうだったか?FRB,FOMCが控えているけど、どのような発表になるのか期待してます。

びすくん

 

30度を超える真夏日を記録し、ヘロヘロになっていましたが、終末には豪雨注意などで気温が低くなっており、気温差が酷いですね。

頭痛も最近は良くなりつつあったのですが、背中のコリが酷く血行が良くないです。

天候の変化も関係しそうですが、リラックスしてストレッチしながら体の変化に注意して過ごす毎日です。

 

日経平均

f:id:biskun:20180519221627j:plain

日経平均は先週に引き続き、良好な市場となっているようです。

逆にいえば、米国市場が冴えない状況であるのに、好調を維持してるわけで、現状の状況がちょっと出来すぎな状況が否めません。

 

私の保持している、優待株も上昇しております。

特に利益確定はするつもりは無いのですが、ここまで市場が良いと、売りたくなってしまいます。(でも売らないけど)

 

スポンサードリンク

 

NYダウ

f:id:biskun:20180519221651j:plain

決算が終わり、火曜日には利益確定の売りと思われ下落しています。

その後の状況としては、一進一退となっており、市場の動きは停滞しています。

17、18日の米中貿易協議に注目が集まりつつあり、回避に向けてワシントンで協議を開催したようです。メディアでは発表の協議内容の情報がよく分からず、情報錯綜しているようです。

中国案件で一番恩恵が受けられそうな、航空機大手ボーイングと、重機キャタピラーに買いが入りましたが、他のものは振るわず。

私の保持しているボーイングは上昇、同じく保有しているインテルは同じくらい下げていたので、恩恵はあまり受けず、逆にトータルではマイナスとなっています。

 

経済指数

5/15 独・1-3月期国内総生産GDP速報値[前月比] 0.6% ⇨ 0.3%

5/15 欧・1-3月期国内総生産GDP改定値[前月比] 0.4% ⇨ 0.4%

5/15 米・4月小売売上高 0.6% ⇨ 0.3%

5/16 日・1-3月期国内総生産GDP速報値[前月比] 0.4% ⇨ -0.2%

5/16 欧・4月消費者物価指数(HICP改定値) 1.2% ⇨ 1.2%

5/18 日・4月全国消費者物価指数(CPI)[前年同月比] 1.1% ⇨ 0.6%

 

小粒な経済指数でしたが、日本の状況が良くありません!

それなのに、市場はイケイケムードです。ちょっと怖いですね。

優待品狙いの株式しか持っていないので、上がろうが下がろうが、保持する予定ですので、特に気にはしていないのですが、ここまで経済の状況と市場の乖離があると、ざわざわします。

 

今後の経済指数

5/23 米・4月新築住宅販売件数

5/23 米・米連邦準備制度理事会(FOMC)議事

5/24 独・1-3月期 国内総生産(GDP改定値)

5/24 欧・欧州中央銀行(ECB)理事議会

5/25 英・1-3月期 四半期国内総生産(GDP改定値)

5/25 米・パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議事発言

 

米国では、FOMC,FRBと、議事の発表が行われます。

市場状況は、今週は停滞気味でしたが、今後の市場を反映するような議事が発表されるかどうかです。

良結果なら、上昇へのキッカケとなりますし、どのような発表があるか注目しています。

 

純金価格

f:id:biskun:20180519221706j:plain

純金価格は、一時小規模な下落を受けていますが、1グラム5,000円を維持しているので、特に問題なさそうです。

そのまま定期購入を続ける予定です

 

プラチナ価格

f:id:biskun:20180519221727j:plain

純金と同じように、プラチナも下げています。

1グラム3,500円と、底値の状況でつづいています。

これ以上の下げは無いと思うのですが、プラチナは投機筋や、工業用途としての面が大きいため、どのような動きになるか分かりません。

 

プラチナと同じ貴金属仲間の、パラジウム状況です。

プラチナを超えた価格で推移しており、300円差となっています。

供給量の面で、パラジウムの方が上昇しやすく、積立ができるならパラジウムの方が良さそうな気がしています。

 

以上、2018年5月3週の市場動向でした。

2018年5月、P&Gより配当金が入ってきました。大幅な株価マイナスだけど、どうしようか?

f:id:biskun:20170211214009j:plain

びすくんです

 

米国個別株式のP&Gより配当(2018年5月)が入ってきました。

5月配当の銘柄としては、数が少なくP&Gと、ETFであるパワーシェアーズQQQの2銘柄となりそうです。

 

配当金は?

f:id:biskun:20180518213943j:plain

株数 28株

1単位あたりの金額 0.7172ドル

配当金 18.08ドル

日本円換算 1,966円

 

予想通りの、日本円換算で2000円位でした。

 

スポンサードリンク

 

現在のチャート

過去2年のチャートですが、今年の1月末から大幅に下落しており、マイナスの資産となっています。

f:id:biskun:20180518211602j:plain

高配当、ディフェンシブ銘柄だったわけですが、米国金利の上昇が原因の下げとなっているようです。

 

まさか、ここまでの下げを体験するとは思いもしませんでした。

ただ、リーマンショックを体験しているだけに、差ほど気にもしていなかったり・・・しませんw

 

ちなみに、私の持っている、銘柄では、配当3兄弟が大幅にマイナスとなっており、マイナス3兄弟になっており、困った状況になっています。

(´・ω・`)

 

f:id:biskun:20180518214406j:plain

タバコ銘柄の2銘柄と、P&G(PG)で、大幅なマイナスを形成。

 

下落している今が買い時!かもしれませんが、中々手がでません。

今後どういう方向での投資戦略を考える時なのかもしれないですね。

 

 

《参考》

私の使用している証券は、SBI証券になります。

ほとんどの株式は、SBI証券をメインにして投資しています。

口座がまだでしたら、資料請求から初めてみると良いかも。

SBI証券 (右上の「今すぐ口座開設」から)

楽天証券

マネックス証券

購入手数料、口座手数料も安いので、オススメとなっています。

口座開設には、マイナンバーカードが必要になってきましたので、ご注意ください。

 

投資をはじめるなら、良い本を読むことをオススメします。

オススメの投資本を紹介します!投資する前に読みましょう!

Windows10 バージョン1803にしてから、WindowsDefenderが重い。Antimalware Service Executableが悪さをしているようです

f:id:biskun:20180517193916j:plain

びすくんです

 

Windowsといったら、マイクロソフトの製品です。

米国株でも、MSFTのティッカーシンボルで、NY市場に上場しています。

 

OSの分野では、Windowsか、APPLEのマックOSのどちらかが有名です。

ビジネス分野では当然ですが、Windowsが主流なわけです。

 

そんなマイクロソフトに、投資してみたいなーとか思っていたのですが・・・

 

Windows10 バージョン1803は酷かった

2018年4月のバージョンアップで、最新OSバッチが登場しました。

色々と、セキュリティを保護していたり、機能の追加削除が行われたようです。

 

そんな中、困った事件が・・・

 

それは、CPU使用率のアップと、メモリ使用率アップです。

私のパソコンは、非力といってもそれ程悪いわけではないですが、バージョンアップしてから操作が重たく。

特に、動画見ていたりするとほぼ、CPU率100%となっていました。

 

ネット上には色々と情報が乗っており、それをすることで、若干は改善しましたが、まだまだ、新バージョンは不安定のようです。

 

Antimalware Service Executableが悪さする

タスクマネージャーを見ると、「Antimalware Service Executable」サービスがCPU率を多く取っており、バックグラウンドで何か動作をしている模様。

名前の通りですが、マルウェア対策でセキュリティ保護をしているようですが、裏で、HDD(SSD)内部をチェックしているようです。

 

一日で1回スキャンすればいいのに、「スキャン6回が完了しました」とか通知が出て困っていました。

 

ハッキリ言って、今回の1803パッチは、ク◯

 

修正方法は?

他のサイトで書かれていることをパクリ参考にしてみました

f:id:biskun:20180517192848p:plain

ファイル名を指定して実行から、「taskschd.msc」を実行

タスクスケジューラといやつです。

 

f:id:biskun:20180517193500j:plain

Microsoft-Windows-Windows Defender項目を表示します。

名前一覧から、Windows Defender Scheduled Scanをクリック

 

f:id:biskun:20180517193616p:plain

「最上位の特権で実行する」のチェックを外すだけで、だいぶ良くなりました。

 

これで、快適にPCを触れることができました。

Microsoft投資しようかと思っていたけど、今回の事があったので、やめましたw

もっとマシなの作ってこいよーw 

 

ちなみに株価は?というと、絶好調ですね。

昨年は右肩上がりです。

f:id:biskun:20180517194359j:plain

 

その後の経過ですが

やっぱり駄目みたいです。CPU96%、メモリ1500MB位専有しちゃってます(TДT)

f:id:biskun:20180518091336j:plain

何んか重いなーと思うと、たいていこういう事になっています。

そして・・・

f:id:biskun:20180525231019j:plain

意味不明ですが、1日に1回くらいスキャンすればいいのに、3回もやってから、このセキュリティセンターの表示が後から出てきます。

 

うざすぎる