ビスくんのフリースタイルライフ

ビスくんのフリースタイルライフ

節約生活とともに、フリースタイルライフを目指します。

スポンサーリンク


【雑記】最近のブログの様子は、こんな感じです。

びすくんです

 

ブログを初めてから、1年と3ヶ月が過ぎていました。

いつの間に!という感じです。月日は流れるのが早く感じます。

 

つい先日、継続日数がついに200日になりました!

あまり意識はしてなかったのですが、よく200日もツマラナイ記事を買いたなと思う訳ですw

 

本当は、良いコンテンツというか、良い記事と情報をちりばめて、皆に見てもらいたいという気持ちがありますが、肩の力を抜いて、雑記でもいいじゃない!と、最近思うようになりました。

記事の半分は、「日記」ですしw

f:id:biskun:20171016224448j:plain

 

最近のアクセス傾向です。

Googleと、Yahoo検索が増えてきています。

大概が、株式や投資信託からの流入のようです。

 

もっと、その手の話を記事にすれば良いかもしれませんが、たぶん挫折するので、適度に入れて書いていくと思います。

 

f:id:biskun:20171016224554j:plain

 

他で、お世話になっているのは、ブログ村さんです。

株や投資信託で、11%

ライフスタイルは、1%

 

メインであるはずの、はてなブログからは、3%

(あれ?思ったほど少ない)

 

そんな感じで、ゆるく記事を書いていく事になると思いますが、

今後共よろしくお願いします。m(_ _)m

行ってみたいけど、怖いところです

今週のお題「行ってみたい場所」

 

はてなブログで、お題が出ていたので挑戦です!

行ってみたい所ですが、

 

トルコの、カッパドギア!に行ってみたい!

けど、紛争地からそれ程離れていないので、ちょっと怖いですね。

f:id:biskun:20171015084035j:plain

迫害されたキリスト教徒が、穴に住んだとかなんだとか、聞いたことがあります。

記憶違いでしたらすみません。

 

トルコは、親日国として有名です。

昔に、日本海大戦で、ロシア海軍を倒した東郷平八郎元帥がトルコでは英雄視されています。敵であったロシアを倒した国として認知されており、その時から親日国となったようです。

 

スポンサードリンク

 

料理は、シシケバブが有名です。串にさした牛肉を、ヨーグルトやスパイスに付けて一晩寝かし、最後に炭火でグリルした料理です。

美味しそう(´ρ`)

 

その他に、名物料理としては、「ピデ」と呼ばれる、船の形をしたピザが有名のようです。ピザ生地にひき肉や玉ねぎ、ピーマンをたくさん載せ焼くそうです。

 

びすくん本人は、実はまだ海外旅行に行ったことがアリません。

初めに行きたいのは、やはりトルコ!といいたいところですが、スペインも捨てがたいですw

2017年10月2週の市場動向はどうだったか?

びすくんです

 

2017年10月2週の市場動向です

市場の上昇が止まらなく、日本も米国も上昇を続けています。

地政学的リスクは影を潜めており、石油輸出制限などの対策が効いてきてるのでしょうか?わからないですが。

 

私の資産も、今月だけで+0.7%と上昇しており、少しづつですが総資産が増えています。このまま上昇を続けてくれれば良いですが、今後の見通しは誰にも分かりません。

 

日経平均

f:id:biskun:20171015074133j:plain

週明けから日経平均が上昇しており、1997年の最高値を超えています。

これ以上の値となると、バブル期の33,000円付近とのことですので、そこまではさすがに!と思ってしまいます。

 

TOPIXに関しても1700ポイントを超え、最高値を出しています。

以前に(1306)TOPIX上場投資信託を途中で売却しており、やはり長期的に持っていないとこういった上昇した際に恩恵が受けられないなと、しみじみ思いました。

 

スポンサードリンク

 

NYダウ

f:id:biskun:20171015074200j:plain

NYダウは、先週は安定的に上昇を続けていましたが、今週も同じように上昇し最高値を更新しています。 

12月に1度利上げが行われ、来年にはバランスシート縮小が始まります。

ソフトランディングになりそうなので、何も無ければ、まだまだ上昇ムードは変わらなそうです。年末の上昇にも期待がモテそうですね。

 

今週の経済指数

10/11 米連邦公開市場位委員会(FOMC)議事録

10/13 米・9月消費者物価指数(CPI)(前月比)   0.4% ⇨ 0.5% UP

10/13 米・小売売上高(前月比)          -0.2% ⇨ 1.6% UP  

10/13 米・小売売上高(除自動車)(前月比)    0.2%  ⇨ 1.0% UP

 

FOMC議事録で低インフレ継続の可能性が示され、ドル売り圧力となり、1ドル112円前半を維持しています。

時期FRB人事は誰になるか、興味が出てくる所です。

そのままイエレン議長が継続するのか、パイエルFRB理事、ウォーシュ元FRB理事、コーン国家経済会議(NEC)委員長の名前が上がっています。

 

今後の主な経済指数

10/17 独・ZEW景況感調査

10/17 米・設備稼働率

10/17 米・鉱工業生産

10/18 米・建設許可件数

10/18 米・住宅着工件数

10/19 米・フィラデルフィア連銀景況指数

10/19 米・新規失業保険申請件数

10/20 米・中古住宅販売件数

 

特に大きな経済指数は無いので、市場に反映される物が無さそうです。

住宅関連の指数がちょっと気になる程度でしょうか?

 

純金価格

f:id:biskun:20171015074231j:plain

下落気味だった純金価格は、週明けから待つまで上昇しています。

価格的には、それ程上下していないので、安定的な資産にはなりそうです。

 

金相場の大本は、アメリカになります。ここで決まった価格が全世界に反映されています。今週の金価格は、ようやく以前に戻りつつあり、金曜日の夜に大幅上昇しています。

f:id:biskun:20171015082357j:plain

 

プラチナ価格

f:id:biskun:20171015074240j:plain

下落が止まらなかったプラチナ価格ですが、ようやく止まり、少し上昇しています。

金価格に吊られて少々上昇しているようです。

 

自動車関連の排ガス部分に使わる触媒として、プラチナは大きく占めています。

今後、電気自動車が支流になれば、下落していく可能性があります。

今現在では、中国の排ガス規制問題が出ており、プラチナが使われるかどうか?分かっていません。

 

プラチナの仲間である、パラジウムの情報です。

供給不足のパラジウムは、年々上昇をたどり、先月にはプラチナの価格を超えて来ました。

今週ではどっだったか!!!

プラチナ価格を超え、パラジウムは1グラムで111円も上回っています。

完全に、逆転したと見ていいですね。

 

以上、2017年10月2週の市場動向でした。

2017年10月 現在の個別米国株の状況

f:id:biskun:20170403203420j:plain

びすくんです

 

米国市場も好調を維持した状態で、各企業から中間決算が発表される時期になってきました。

 

同時期に購入した、個別株4種類と、後から購入した2種類についてチェックしてみました。

 

今年のNISAで購入した個別株4種類

f:id:biskun:20171014165957j:plain

 

同時期購入したものは、下記の4つです。

この4種類を持つことで、毎月何かしらの配当金が入ってくるため、「なんちゃって米国株、毎月分配型ファンド」をつくりましたw

 

KO(コカ・コーラ)  7.96%

MCD(マクドナルド) 26.17%

MO(アルトリア)  -10.53%

PG(P&G)      1.39%

 

結果的には、MCD(マクドナルド)が大幅に上昇し、26.17%もの利益を生んでいます。

逆に、タバコのニコチン依存問題でFDAがらみの問題で、MO(アルトリア)が、大幅に下落しております。

 

4種類の個別株式では、トータル的にはプラスになっており、米国株の強さが明らかとなりました。

 

スポンサードリンク

 

後から購入した、2種類

後から、購入に踏み切った2種類です。

BA(ボーイング) 13.42%

INTC(インテル) 9.93%

 

航空機+軍用関連と、ハイテク(半導体)に投資をし、分散効果を狙って購入しています。

両方とも、高値圏で購入したのですが、更に上昇しており、両方とも10%の利益が乗っています。

 

まとめ

現在、6種類の個別株を持っている状態になります。

個人的には、良さそうな株式をあと2つ購入したいと考えていますが、現状、米国株式が上昇を続けている現時点で、手が出しにくいのが困ったところです。

 

購入したいと思っているのは、ヘルスケア関連の、ジョンソン&ジョンソン(JNJ)です。その内購入したいと思っていたのですが、なかなか手が出ないところです。

 

《参考》

私の使用している証券は、SBI証券になります。

外国株式をメインで購入しているのはSBI証券です。

NISAを活用するのであれば、マネックス証券の方が良いかもしれません。

SBI証券 (右上の「今すぐ口座開設」から)

楽天証券

マネックス証券

購入手数料、口座手数料も安いので、オススメとなっています。

口座開設には、マイナンバーカードが必要になってきましたので、ご注意ください。

 

投資をはじめるなら、良い本を読むことをオススメします。

オススメの投資本を紹介します!投資する前に読みましょう!

米国株のアルトリア(MO)より配当金が入ってきました。2017年10月

f:id:biskun:20170211214009j:plain

びすくんです。

 

米国株の、アルトリア(MO)より、2回めの配当金が入ってきました。

 

アルトリアといえば、有名メーカーのタバコを販売している会社です。

以前に、フィリップ・モリスとアルトリアは同じ株式になっていましたが、分離しており、アルトリアは、米国での売上が主となっています。

 

有名タバコ銘柄は、フィリップ・モリスマルボロ、ラーク、パーラメント等あります。

 

つい最近ですが、マルボロ32銘柄を10円値上げが行われており、日本でもタバコの価格が上昇しそうな感じです。

 

スポンサードリンク

 

アルトリア(MO)より、2回目の配当金をいただきました

f:id:biskun:20171011201457j:plain

 

1回目の配当金は、18.67ドルでしたので、若干多く貰えたようです。

 

f:id:biskun:20171012195222j:plain

株数 34株

1単位あたり配当 0.66ドル

配当金 20.20ドル

日本円換算 2,257円

※NISAで購入しているので、日本での税金免除されています。 

 

現在禁煙するため、ガムかんでいるので、その費用に当てたいと思いますw

 

現在のチャート

f:id:biskun:20171011201637j:plain

FDAがタバコの依存を無くすように、ニコチンを減らすとの発表から結構経ちましたが、株価は冴えない状況です。若干戻していますが、まだまだ元の価格までは戻っていません。

長期的に見た場合どうなのか?というところですが、追加購入しても良さそうなんだけどなー。アルトリア(MO)ではなく、安定しているフィリップ・モリス(PM)の方が良いのだろうか?同じような会社だし。

 

過去記事はこちら

 
最近では、電子タバコが流行ってきましたが、それが米国にも広がるかどうか?

IQOS(アイコス)が米国に広がりさえすれば、アルトリアも株価上昇しそうなんですけど。

 

《参考》

私の使用している証券は、SBI証券になります。

今回配当を貰った米国株式も、SBI証券での口座で購入しています。

口座を作ろうかと思っている人は、資料請求からが良いかと思います。

SBI証券 (右上の「今すぐ口座開設」から)

楽天証券

マネックス証券

購入手数料、口座手数料も安いので、オススメとなっています。

口座開設には、マイナンバーカードが必要になってきましたので、ご注意ください。

 

投資をはじめるなら、良い本を読むことをオススメします。

オススメの投資本を紹介します!投資する前に読みましょう!

2017年のノーベル経済学賞は、リチャード・セイラーさんでした。行動経済学は当てはまることが多いなー

f:id:biskun:20171011184917j:plain

びすくんです

 

ノーベル賞が発表となり、今年は日本人の名前が出てきていません。

かろうじて出たのが、文学賞を取った日系英国人のカズオ・イシグロさんだけでした。

 

ノーベル経済学賞

そんななか注目したノーベル賞は、経済学賞を取った、リチャード・セイラーさんです。

行動経済学」の先駆者として有名だったそうです。

行動学+経済学が合わさったものです。

 

人間が経済活動を行う際の意思決定にどう影響有るか?を読み解いた先駆者として実績を認められ受賞になりました。

 

「メンタルアカウンティング」という言葉があります。

メンタルアカウンティングとは|金融経済用語集

人は、心の中に会計勘定(アカウンティング)をもっているそうで、

たとえば、給料は大事に使うが、パチンコなどで得た「あぶく銭」は散財してしまう。

といった事が心の中で発生しています。

 

私の中でも、心の中に会計勘定は存在するようです。

楽天で毎月、買い物をしてしまいます。

それは、すべてクレジットカードで決済しており、必要な物だからと心に思って購入しています。

しかし、考えると、現金を持っていたら買わなかったかも?と思える物もあります。

 

現金でも、クレジット決済でも同じお金です。

財布に1万円札が入っていた場合と、毎月クレジットで使っている1万円も同じ物です。

でも、現金を財布に持っている時は、大切に節約して使っています。

 

こ、これが、メンタルアカウンティングか?(笑)

 

節約するなら、楽天での通販の方なのかも?と考えさせられました。

 

ノーベル賞の経済学賞といえば

同じ経済学賞を取っている人で、1994年にゲーム理論の非協力ゲームでノーベル賞を取った人がいます。ジョン・ナッシュです。

 

ハリウッド映画化され、「ビューティフル・マインド」で有名です。

経済学といえば、映画のイメージが有り、この人を思い出します。

 

天才数学者であり、偉業達成していますが、統合失調症を患い、苦しむ人生を描いた作品です。

 

(1589)iシェアーズ米国高配当株ETF(MS配当F)が上場廃止になるんだって!

f:id:biskun:20170721113204j:plain

びすくんです

 

残念なお知らせが入ってきました。

私の持っている、ETF上場廃止されてしまうそうです。

 

(1589)iシェアーズ米国高配当株ETF(MS配当F)が上場廃止

BLACKROCK(ブラックロック)のページからの情報ですが、

2018年1月22日(予定)で、廃止されるそうです。

 

iシェアーズといえば、米国では有名なETFを出しているところです。

有名なETFでは、IVV(S&P500連動)は、米国の買付けランク上位に位置付けられています。

 

そんな、有名どころが、日本で上場しているETFから撤退するというニュース。

これは、ヤバイのではないか?と個人的に思うわけです。

 

米国株ETF会社の、日本からの離脱が続々始まるかもしれません。

 

日本上場の廃止をナゼするのか?といった理由はどこにも書かれていません。

普通でしたら、総資産額がいくらいくらを下回ったから。とか書かれますが、問答無用で廃止するとのお達し・・・いろいろな意味で残念すぎる。

 

結果的には、今年中に、売却する事にしました。

長期投資を目標にして購入したのですが、わずか8ヶ月で撤退です。

 

ちなみに、購入した時の記事です  

スポンサードリンク

 

今後米国の日本上場ETFは消える運命なの?

iシェアーズの当ETFは、米国でも人気のHDVというETFと同じ物になります。

人気があっても日本では廃止するわけで、今後、iシェアーズETFは日本から完全撤退していくかもしれません。

 

米国ETFの3本柱といえば、ここです。

ステート・ストリート(SPDRスパイダー)

ブラックロック(iシェアーズ)

バンガード(バンガード)

 

この1角が日本から廃止すると、連鎖反応で、他のETFも日本から上場廃止するかもしれません。

せっかく、日本円で購入でき、敷居が低くなりつつあった米国の日本上場ETFも、無くなってしまったら、残念ではあります。

 

米国ETFは、やはり米国株式で購入すべきなのか?

私の場合は、面倒ですが、米国ドルを購入した後、米国ETFを購入し続けています。

手数料が若干安くはなりつつありますが、手間が掛かりますし、為替といった値動きに悩まされる事もあります。

 

NISAを使用した場合は、手数料が無料(SBI証券)、手数料返却(楽天証券)等の措置があるのでまだ良いですが、普通に購入した場合の手数料はバカになりません。

 

んーどうしようかな?

 

と思った所、最近楽天より便利な投資信託が発表されています。

楽天 全米株式インデックスファンド

 米国ETF VTI(バンガード トータルストックETF)がマザーファンド

 米国のすべての株式を網羅しています

 

楽天 全世界株式インデックスファンド

 米国ETF VT(バンガード トータルワールドストックETF)がマザーファンド

 全世界の株式を網羅しています(日本も8%程入っています)

 

他に良さそうな投資信託

 

・iFree S&P500インデックスファンド

 米国インデックスファンド (近いETFとしては、SPY、IVV、VOO)

 

・SMT 米国株配当貴族院デックスオープン

 米国インデックスファンド (近いETFとしては、VIG、SDY、HDV、VYM)

 

少しづつではありますが、上記のようなETFに近い投資信託が販売開始しています。

米国ETFから脱却して、似たような投資信託へと乗り換える日が近いかもしれません!! 

 

 

《参考》

私の使用している証券は、SBI証券になります。

楽天の2種類の投資信託は、10/10現在で、楽天証券からしか購入できないようです。

SBI証券 (右上の「今すぐ口座開設」から)

楽天証券

マネックス証券

購入手数料、口座手数料も安いので、オススメとなっています。

口座開設には、マイナンバーカードが必要になってきましたので、ご注意ください。

 

投資をはじめるなら、良い本を読むことをオススメします。

オススメの投資本を紹介します!投資する前に読みましょう!

ストレートネック対応マクラを使用してみました。結果はどうか?

びすくんです

 

楽天スーパーセールで購入したマクラが到着しました。

f:id:biskun:20171004171716j:plain

ストレートネック対応マクラです♪

 

開封の儀

薄いビニールに入っていました。

内容は、マクラ本体と、マクラカバーです。

f:id:biskun:20171009145652j:plain

枕カバーは、完全密封型ではなく、左右が開いているタイプですので、空気の循環が良さそうです。

 

f:id:biskun:20171009145841j:plain

白いメッシュ部分が、パイプが入っておりパンパンになっていました。

上部の薄茶の方は、フワフワで頭を載せると沈み込む感じです。

 

白いメッシュの方ですが、パイプが多すぎ!

メッシュの右側には、チャックが付いており、そこから多いパイプを抜くことで、高さの調整が可能です。

中からパイプを、ごそっと抜いて首にフィットする感じに調整を行いました。

※ちょっとパイプを抜きすぎかもしれないw

 

寝て使ってみると、首はしっかりフォールドされており、首のカーブが自然と付くようです。私の場合は、ストレートネック気味なので、ちょっと違和感がありますが、その内矯正されていけば、感覚がなくなっていくと思います。

頭の方ですが、フンワリとしているので、気持ちいいですね。

 

スポンサードリンク

 

早速1日使用

夜中に目を覚ますと、横向いていましたw

首の圧迫が少しあるのか、自然と横を向いてしまったようです。

もう少しパイプを取ってみた方がいいかもしれません。

慣れたら、少しずつパイプを入れていけば良いので。

 

はじめごっそり抜いたパイプは、保管しておき、除々にパイプの量を増やそうと考えています。まだ、マクラが馴染んでいないので、首に圧が掛かるのが気になるんです。

除々にパイプを増やしていこうと思います♪

 

これで、首のコリが軽減されればバンザイなんですが、当分の間使ってみようと思います♪

 

スマートスピーカーが日本でも流行るのかな?

f:id:biskun:20171008221625j:plain

びすくんです

 

ZUUonlineからの記事ですが、日本でもスマートスピーカーが本当に流行るのか?

headlines.yahoo.co.jp

 

AI搭載のスピーカーが話題になってから、ようやく日本でも販売が開始されそうです。

AMAZONの、「アマゾン・エコー」

Googleの、「Google Home」

LINEの、「Clova Wave」

Microsoftの、「Invoke

 

スポンサードリンク

 

全米では、6050万人が月に1回以上、スマートスピーカーを利用しているそうです。

使用方法としては、

1位 音楽鑑賞

2位 情報の要求

3位 買い物リストへのアイテム追加

4位 物品の購入

5位 屋内の温度や照明の調整

 

今まで私が使用した事がある、音声認識といえば、Googleの地図検索か、Ipadでの音声検索くらいでしょうか?

 

ガラケー主体の私にとっては、現在スマホを利用している人が音声を使って何をやってるかは分からないんですけど、日本でスマートスピーカーが販売されれば、同じように使うのか疑問です

 

4位の物品購入が、AMAZONとグーグルの利益の大半となりそうです。

アマゾンは、AMAZONサイトから。

グーグルは、ウォルマートと連携してくるそうです。

 

私としては、スマートスピーカーを使っての物品購入はたぶん流行しないと思うのですが、どうなんでしょうか?

 

ネット通販する時には、私は、なるべく節約できるように、安いサイトを探して購入しています。

多くの日本人が、お金をなるべく使わないようにし、節約して生活をしています。

 

それが、スマートスピーカーを利用すると、他よりも高額の商品を買わされる恐れがあるのではと思っています。

アマゾンサイトでは、たまに値引きもされていない高い商品も存在しますし、転売からか値段がつり上がった商品も存在します。

 

個人的には、AIを使って、他のサイトの送料を含めて、一番安いサイトから購入する。なんてやってくれたら良いのですが、そんな事はしなそうですw 

2017年10月1週の市場動向はどうだったか?

びすくんです

 

今週は、日米とも市場は良好で上昇しています。

地政学的リスクも最近では意識されない感じで、有事の際の純金が下落中。

市場が良好すぎて、怖いくらいですね。 

 

日経平均

f:id:biskun:20171007155118j:plain

10/2には、日銀短観が発表されており、現状は良い結果となったようです。 

先行きに関しても、そのまま良い方向へと進むとされていますが、これは大企業のみとなっています。中小企業については特に振れられて無く、それ程変わらない感じだと思われます。

米国の株価が、連日で上昇するなど日経平均も上昇中です。

 

スポンサードリンク

 

NYダウ

f:id:biskun:20171007155138j:plain

NYダウは、8日続けての上昇となっていましたが、金曜日には雇用者統計、失業率が良くない事から大幅下落はしませんでした。なぜか、そのまま安定しているようです。

 

VTI(米国全体の株価のETFです)も上昇しています。 

NYダウと、大体同じような動きとなっています。

f:id:biskun:20171007155304j:plain

 

今週の経済指標

10/2 日・日銀短観             17 ⇨ 22 UP

10/2 米・9月ISM製造業景況指数     58.8 ⇨ 60.8 UP

10/3 豪・豪準備銀行、政策金利     1.50% ⇨ 1.50% EVEN

10/4 米・9月ADP雇用統計    23.7万人 ⇨ 13.5万人 DOWN

10/4 米・9月ISM非製造業景況指数    55.3 ⇨ 59.8  UP

10/4 米・イエレン米連邦準備理事会

10/5 欧・欧州中央銀行(ECB)理事会議事 

10/6 米・9月非農業部門雇用者数(前月比)15.6万人 ⇨ -3.3万人 DOWN

10/6 米・9月失業率            4.4%   ⇨ 4.2% DOWN

 

雇用者統計、失業率はあまり良くなかった様ですが、株価が大幅に下がるといったことはなく、安定しています。

 

今後の経済指数

10/11 米・FOMC議事録公表

10/12 米・新規失業保険申請件数

10/13 米・小売売上高

10/13 米・消費者物価指数

10/13 米・ミシガン大学消費者信頼感指数

 

10/11には、FOMC議事録が公表されます。どのような発表があるか注目しています。

その他の指標については、10/13の金曜日に集中しています。

 

純金価格

f:id:biskun:20171007155208j:plain

地政学的リスクは、そのままの状況もあり安定するかと思いましたが、1グラム5000円を割る可能性が出てきました。

米国市場が好調なため、市場へと資金が流れているのも原因かと思います。

 

プラチナ価格

f:id:biskun:20171007155221j:plain

 プラチナ価格は、大幅下落しましたが、ようやく止まったようです。

底と思われる3500円に近くなってきました。

 

これ以上、下がると私が困ってしまいます(´・ェ・`) 

マイナスが大きいなー;

 

パラジウム価格の情報です。先週は、プラチナとの価格差が9円まで縮まっていました。

今週は!!!

なんと、プラチナ価格を大幅に超えたのもビックリですが、さらに1グラム当たり75円も差を付けちゃっています!

プラチナは供給過多、パラジウムは供給不足から、このような価格差となっているのかもしれません。第二位の貴金属はパラジウムが獲得しそうです!

その内、最上位のカードは、「パラジウムカード」になってしまうかもしれませんw

 

以上、2017年10月1週の市場動向でした。