ビスくんのフリースタイルライフ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビスくんのフリースタイルライフ

節約生活とともに、フリースタイルライフを目指します

スポンサーリンク


秋分の日です、墓参りはいきましたか?

日記

f:id:biskun:20160922141646j:plain

びすくんです。

 

秋分の日です。みなさんは墓参りにはいったでしょうか?

 

私の家からお墓までは、車で30分のところにあります。

場所はというと、人里離れた山の上です。

夜になると、真っ暗で何も見えないところにあります。

  

子供の頃は、お墓参りは、怖いところでした。

昔は、土を持っただけの墓とかがあり、オドロオドロしたような雰囲気があり、幽霊がでそう。ぶるぶるという感じで、怖かった覚えがあります。

夜になると、怖くて寝られなくなることも合った気がします。

 

今では、整備され、きれいな墓石が多く建てられ、昔の雰囲気はあまりなく区画が整理されている状態です。

幽霊はいなそうです(笑)

 

お墓の前にいると、なぜか、秋川雅史の「千の風になって」を思い出してしまいます。心の中でリフレインしてしまいますね。

いつ聞いても、この詩はいいなと思います。

著作権がからんできそうなので、オリジナルである英語の方を書き出してみます。

 

「Do not stand at my grave and weep」

Do not stand at my grave and weep,
I am not there; I do not sleep.
I am a thousand winds that blow,
I am the diamond glints on snow,
I am the sun on ripened grain,
I am the gentle autumn rain.
When you awaken in the morning’s hush
I am the swift uplifting rush
Of quiet birds in circling flight.
I am the soft starlight at night.
Do not stand at my grave and cry,
I am not there; I did not die.

 

訳してもよさそうですが、何かにひっかかりそうなので、やめました。

 

作者は色々とでており、本当は誰が書いた詩なのか、いろいろと憶測がでているようです。あらためて読んでみると、良い詩だなって思います。