ビスくんのフリースタイルライフ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビスくんのフリースタイルライフ

節約生活とともに、フリースタイルライフを目指します

スポンサーリンク


低所得者層の税額が負担減になるよう、見直しされているそうです

f:id:biskun:20160906232500j:plain

びすくんです

 

政府税制調査会が、所得税基礎控除の見直しを行うというニュースが上がっています。

非正規社員や、低所得者の税制負担を軽減し、高所得者に一定の負担を求める方向で、減税額を一定にする案や、所得制限を設ける案が浮上しているとのこと。

 

現状、所得税基礎控除は年収から38万円を差し引いて課税対象額を軽くする仕組みですが、この仕組自体は、低所得者層より、高所得者に優遇されている。

 

現行の基礎控除を改め、納税額から直接一定額を差し引く「税額控除」に転換する案が出ているとのこと。

 

 

下記のような2種類の案がでているとのこと。

・納税額から一定の税額控除し、減税額を一定にする案の場合。

 所得の大小によらず減税額は同額になる。

・一定額の年収に対して基礎控除の適用を制限、または控除を段階的に縮小する

 

こちらは分かるのですが、

一定額の年収に対して、基礎控除を段階的に縮小か制限に対しては、

所得が少ない場合、基礎控除を多くして課税対象を軽くでき、税金を少なくすることができる。

 

こっちがいまいち、難しくて分からないです。

納税額から一定の税額控除し、減税額を一定にして、所得の大小によらず同額にする。

 

色々調べてみましたが税金関係の計算とか難しいですね。

優しい本などがあれば読んでみたいと思います。

 

そのうち、詳しく発表があると思いますので、その時に勉強しておけば良いかなと思います。