ビスくんのフリースタイルライフ

ビスくんのフリースタイルライフ

節約生活とともに、フリースタイルライフを目指します。

スポンサーリンク


(1589)iシェアーズ米国高配当株ETF(MS配当F)が上場廃止になるんだって!

f:id:biskun:20170721113204j:plain

びすくんです

 

残念なお知らせが入ってきました。

私の持っている、ETF上場廃止されてしまうそうです。

 

(1589)iシェアーズ米国高配当株ETF(MS配当F)が上場廃止

BLACKROCK(ブラックロック)のページからの情報ですが、

2018年1月22日(予定)で、廃止されるそうです。

 

iシェアーズといえば、米国では有名なETFを出しているところです。

有名なETFでは、IVV(S&P500連動)は、米国の買付けランク上位に位置付けられています。

 

そんな、有名どころが、日本で上場しているETFから撤退するというニュース。

これは、ヤバイのではないか?と個人的に思うわけです。

 

米国株ETF会社の、日本からの離脱が続々始まるかもしれません。

 

日本上場の廃止をナゼするのか?といった理由はどこにも書かれていません。

普通でしたら、総資産額がいくらいくらを下回ったから。とか書かれますが、問答無用で廃止するとのお達し・・・いろいろな意味で残念すぎる。

 

結果的には、今年中に、売却する事にしました。

長期投資を目標にして購入したのですが、わずか8ヶ月で撤退です。

 

ちなみに、購入した時の記事です  

スポンサードリンク

 

今後米国の日本上場ETFは消える運命なの?

iシェアーズの当ETFは、米国でも人気のHDVというETFと同じ物になります。

人気があっても日本では廃止するわけで、今後、iシェアーズETFは日本から完全撤退していくかもしれません。

 

米国ETFの3本柱といえば、ここです。

ステート・ストリート(SPDRスパイダー)

ブラックロック(iシェアーズ)

バンガード(バンガード)

 

この1角が日本から廃止すると、連鎖反応で、他のETFも日本から上場廃止するかもしれません。

せっかく、日本円で購入でき、敷居が低くなりつつあった米国の日本上場ETFも、無くなってしまったら、残念ではあります。

 

米国ETFは、やはり米国株式で購入すべきなのか?

私の場合は、面倒ですが、米国ドルを購入した後、米国ETFを購入し続けています。

手数料が若干安くはなりつつありますが、手間が掛かりますし、為替といった値動きに悩まされる事もあります。

 

NISAを使用した場合は、手数料が無料(SBI証券)、手数料返却(楽天証券)等の措置があるのでまだ良いですが、普通に購入した場合の手数料はバカになりません。

 

んーどうしようかな?

 

と思った所、最近楽天より便利な投資信託が発表されています。

楽天 全米株式インデックスファンド

 米国ETF VTI(バンガード トータルストックETF)がマザーファンド

 米国のすべての株式を網羅しています

 

楽天 全世界株式インデックスファンド

 米国ETF VT(バンガード トータルワールドストックETF)がマザーファンド

 全世界の株式を網羅しています(日本も8%程入っています)

 

他に良さそうな投資信託

 

・iFree S&P500インデックスファンド

 米国インデックスファンド (近いETFとしては、SPY、IVV、VOO)

 

・SMT 米国株配当貴族院デックスオープン

 米国インデックスファンド (近いETFとしては、VIG、SDY、HDV、VYM)

 

少しづつではありますが、上記のようなETFに近い投資信託が販売開始しています。

米国ETFから脱却して、似たような投資信託へと乗り換える日が近いかもしれません!! 

 

 

《参考》

私の使用している証券は、SBI証券になります。

楽天の2種類の投資信託は、10/10現在で、楽天証券からしか購入できないようです。

SBI証券 (右上の「今すぐ口座開設」から)

楽天証券

マネックス証券

購入手数料、口座手数料も安いので、オススメとなっています。

口座開設には、マイナンバーカードが必要になってきましたので、ご注意ください。

 

投資をはじめるなら、良い本を読むことをオススメします。

オススメの投資本を紹介します!投資する前に読みましょう!