ビスくんのフリースタイルライフ

ビスくんのフリースタイルライフ

節約生活とともに、フリースタイルライフを目指します。

スポンサーリンク


2017年度のNISA分の購入準備をしました。SBI証券 FXαでの米ドルへの現引でちょっとお得

f:id:biskun:20170329145932j:plain

びすくんです

 

2017年のNISA枠の使用するにあたって、購入準備に取り掛かりました。

とりあえず日本円を、米ドルにしておこうと思ったので、FXを使用しています。

今回は、1万ドルに変換します。

 

外貨入金サービスは得か?

SBI証券の、外貨入金サービスを使うと、1ドルにつき15銭の為替手数料がかかります。

この方法ですと、好きな数量のドルを購入できるわけですが、トータル的には手数料というコストが結構かかっています。

今回はパス

 

毎月コツコツ外貨積立て

米ドルを毎月最低500円からドルへ変更できるサービスが、住信SBIネット銀行にあります。毎月積立てて、米国株式を購入する方法もありますが。

1米ドルあたり、15銭と、外貨入金サービスと同じコストがかかります。

今回はパス

 

SBI証券のFXαを使用すれば、1ドル0.5銭

手数料は安いですが、1万通貨単位ですので、資金が100万以上ないとできません

今回は、以前の記事にあるとおり、外国株式インデックスを売却してしまったため、投資用資金があるため、この方法を取りました。 

biskun.hatenablog.com

 

注意点を残しておきます。

1、SBI証券から、FX口座への入金・振替を行わないといけない

  (WEBの場所がわかりづらい)

2、1万通貨単位でしか、この方法は使えない。

3、取引時間は、6:00~14:00まで

  他の時間の場合は、次の日の14:00に締め切られます。

  ヒマだからいいけど、時間指定をもう少し緩和して欲しいですね。

4、FXで米ドルにするには、証拠金が10万円足したものと、1.05%が必要

  必要な金額の計算方法は、(10000☓1ドルの価格+10万円)☓1.05

  1ドル100円の場合は、証拠金が1,150,000円必要になる。

5、FXαから、SBI証券の米国ドル買付け余力になるには、翌日

 

1ドル111円台で、今回は1万ドルへ変更の予約をしました。

 

NISA枠でどこに投資するべきか?

現在考えているのが、ディフェンシブな安定した銘柄を考えています。

まず、ETFだとこの4つ

・VT 全世界の株式を網羅

・VTI アメリカの株式を網羅

・VOO アメリカのS&P500指数に組み込まれた株式

HDV アメリカの高配当株を網羅

 

2016年に、VTをNISAで購入しています。

今回もVTを購入した場合、何年のNISAで購入したか証券会社が把握できないそうです。

たとえば、2016年に購入した100株を売却したいのに、古いものから100株売却するそうなので、何年の物が売却されるか分からないとのこと。

通常なら、VTを購入したいのですが、上記理由から今回は購入しないと思います。

 

現在は、個別株式も考えています

安定した高配当株式を考えています。

色々な方のブログや情報を見て参考にしています。

人によって色々な米国株の情報があるので、判断が難しいですね!

 

それでは!

 

《参考》

今回使用したの証券会社は、ネット証券のSBI証券です。

米国株式を購入するなら、下記の口座がオススメだと思います。

SBI証券 (右上の「今すぐ口座開設」から)

楽天証券

購入手数料、口座手数料も安いので、オススメとなっています。

口座開設には、マイナンバーカードが必要になってきましたので、ご注意ください。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ