ビスくんのフリースタイルライフ

ビスくんのフリースタイルライフ

節約生活とともに、フリースタイルライフを目指します。

日本車はSONYが主権をとるかも?

びすくんです

 

※個人的な意見が含まれていますw

 

アメリカでは、GMやフォードなどの車を作る企業が衰退しています。

車の技術はエンジンによるものでしたが、それがモーター駆動のEV車(電気自動車)へと変換されていきます。

 

株価推移でも、TESLA(テスラ)が上位におり、未来を映している感じがします。

前にも出した、VT(全世界株式)のETFの、トップ10比率です。

f:id:biskun:20210329105849j:plain

ハイテクがひしめく中、テスラの自動運転技術を持った車産業が堂々の7位となってる。

テスラには、自動運転レベル3相当の技術が入っており、新しいアップデートで、内蔵ソフトウェアは常に最新になっていきます。

後何年かすれば、技術向上によりレベル5まで達するかもしれん。

 

運転席横には、iPadのような画面がつき、ナビや空調などが制御可能。

EV自動車にiPadが連動したような車が、テスラなわけです。

IOT(Internet of things)ってやつです。

すべての物がインターネットに繋がる意味です。

 

このテスラ車は近々、新モデルがでるとの話がでており、価格が手頃なモデル(庶民車)が出ると言われています。

そうすると、アメリカでのEV車といえば、テスラ!となるわけですね。

 

そのライバルとなる企業が、たぶんですが、アップルです。

アップル・カーを発売すると豪語していますが、テスラ並に成功するのかは不明です。ただ技術力はたしかなので、時価総額1位企業のアップルが本気だせば、EV車に食い込んでくるかも

 

日本はどうなの?

日本の場合は、2035年までに新車すべてを電動車(EV)にすると、菅総理が発表しています。

 

トヨタは現在、水素自動車の方ばかりに手を掛けているようです。

聖火ランナーの聖火も水素使ってましたので、日本では水素推したいらしい。

水素を作るには、結局は電気を使うので、水素を供給できるような施設がなければ、普及しません。ですから水素自動車はたぶん消えていきます。

 

EV自動車は参入が比較的楽なため、テスラのようなソフト関連の強い企業がでてくれば、自動車業界も変わってきそうです

 

そこで、ニュースのあった。ソニーがもしかしたら主権を取るかもしれない。

f:id:biskun:20210329111303j:plain

SONYの試作モデル、VISION-Sです。

まだ走行実験レベルですが、ソフトウェアに強いSONYが作り、人工知能AIによる周囲の検知や安全運転技術、自動運転(現在はレベル2)の機能を備えているそうです。

世界の上場企業ランキング2020年では、ソニーは、128位から48位に躍進しました。(ちなみにトヨタは17位→76位)

 

今後は、自動運転やAI革命が起こり、それに強い企業がシェアを取っていくと思います。トヨタやホンダは落ちぶれ、SONY車が日本中を走るかもしれません。

 

※個人の感想です

 

びす。

 

2035年にはEVが先進国で走るとは思いますが、電気供給が低い国は、まだまだガソリン車だとは思います。

アフリカとかの新興国では、まだエンジン車が生き残るとは思うんですけどね。