ビスくんのフリースタイルライフ

ビスくんのフリースタイルライフ

節約生活とともに、フリースタイルライフを目指します。

米国市場

(米国市場) サンダース候補が大統領選を撤退。NYダウは779ドル高

4/8 昨日のNY市場は、開始から上昇して始まり、民主党大統領候補で急進派のサンダース候補が大統領選撤退を発表。 原油関連では、ロシアが減産で合意したことで原油価格が急伸したことで、さらに市場はプラスへと流れた。 S&P500 +3.41% Dow30 +3.44% Nasd…

(米国市場) 市場は前日比同等で推移、激しい値動きの上下が無くなりつつある?

4/7 昨日のNY市場は、開始直後はプラス推移で進んでいたが、徐々に値を減らし、最終的には前日比同等まで下落している。 S&P500 -0.16% Dow30 -0.12% Nasdaq -0.33% NYダウ 前日の新型コロナウィルスの感染の広がりが限定的になったと報道された事もあり…

(米国市場) NY州等の、新型コロナウィルス感染者数が横ばいの流れから、大幅に上昇し戻し買いが入った模様

4/6 昨日のNY市場は、米国内での新型コロナウィルスの感染ペースが横ばいにったのとの報告から市場は上昇の流れとなっています。 NY州、ニュージャージー州の感染拡大は横ばいの兆候ですが、全米では日に3万人の上昇を続けてはいるかぎり、まだまだ安心はで…

(米国市場) 各指数が悪すぎて市場は下落。ハイテク関連も何とか耐えマイナス幅を抑えてはいる感じ

4/3 昨日のNY市場は、各指数の数値が悪く売り圧力が強かった。 NYダウでは、360.91ドル安となっている S&P500 -1.51% Dow30 -1.69% Nasdaq -1.53% NYダウ ダウは開始から徐々に下げマイナスで推移している。 3月の雇用統計が発表され、非農業部門雇用者数…

(米国市場) 原油価格上昇により、市場は反発し上昇。

4/2 昨日のNY市場は、469ドル高の反発でプラス推移で進んでいる。 米政府が発表した新規失業保険申請件数が過去最高となり、失業者が増えているが、これは前に発表した通りの結果となり、折込済み。 新型コロナウィルスの影響時も原油の減産をしなかったせい…

(米国市場) 米大統領による、米での新型コロナウィルス死者数の見通しを発表し、市場に影響し大きく下落した

4/1 昨日のNY市場は、米大統領による公式発表として、新型コロナウィルスの死亡者数が、10万~24万人に達する見通しを示したことが原因で市場は大荒れとなっている。 S&P500 -4.41% Dow30 -4.44% Nasdaq -4.41% NYダウ NYダウは失速し、973.65ドル安とな…

(米国市場) 新型コロナウィルスによる、経済指数の悪化を懸念してか、市場は停滞ムード

3/31 昨日のNY市場は、410.32ドル安で終えている。 4/3に発表される、雇用統計の市場予想によると、非農業部門雇用者数が前月比10万人減と大きくマイナスに転じる見込みと報道。 新型コロナウィルスの影響による、経済衰退は目前のようです。 S&P500 -1.60%…

(米国市場) 新型コロナウィルスの対抗ワクチン開発が速やかに進むと期待し、市場は上昇

3/30 昨日のNY市場は、690ドル高となり戻し買いとなっています。 新型コロナウィルス対抗ワクチン開発の試験が速やかに進むと期待されていると報道されている。 どれだけ早くにワクチンができるのかは分からないが、日本では1年はかかると言われており、米国…

(米国市場) 市場は反発し大幅上昇するも、新型コロナウィルス感染爆発で米の感染者数は世界1位に

昨日のNY市場は、上院が2兆ドル規模の経済救済案の可決を受け、開始から上昇。 週次失業保険申請件数は300万件と10倍以上の水準に急増と悪いニュースもありながらも上昇の流れを保持している S&P500 +6.24% Dow30 +6.38% Nasdaq +5.60% NYダウ NYダウは大…

(米国市場) 経済救済合意で株価は上昇。COVID19感染は拡大中

3/25 昨日のNY市場は、トランプ政権による経済救済の合意がに達しており、上院が2兆円規模と大きな額でカンフル剤となって上昇となっている。 ただ、一時的に下落したのは、法案の文言訂正などで採決が遅れたためと報じられている。 経済政策としては良い面…

(米国市場) 経済支援策の妥結が近いと見越して、株価は上昇。大幅下落からの反発

3/24 昨日のNY市場は、NYダウが2112ドル高の大幅上昇となり最大の上げ幅で反発している。 共和党、民主党の合意が近いとの期待から、大規模な経済支援対策(金融緩和)等が開始される模様。 政府支援期待を見越して、航空機のボーイング、自動車のゼネラルモー…

(米国市場) FRBの量的緩和無制限の実施が停滞。両党の話し合いが難航し株価はいまいち

3/23 昨日のNY市場は、NYダウが-582.05安となり、ついに19000ドルを切ってしまっています。 WHOはパンデミック拡大と発表し、新型コロナウィルスの拡大を示唆。 米連邦準備制度理事会FRBの量的緩和を無制限に実施すると発表しているが、共和党と民主党の話し…

(米国市場) 米国でもNY州が自宅待機になるなど、新型コロナウィルスの影響は続く

3/20 昨日のNY市場は、ダウ平均が-913.21安となっている。 NY州では事業の営業停止と自宅待機命令が出ており、新型コロナウィルスの蔓延に対応してきている。そのため、経済への影響を巡る懸念が高まってきている。 S&P500 -4.34% Dow30 -4.55% Nasdaq -3.…

(米国市場) 小反発で2万ドルを回復するも、依然として微妙な雰囲気

3/19 昨日のNY市場は反発、週次失業保険申請件数が高水準に急増、フィラデルフィア連銀製造業景況指数が大きくマイナスする等、経済指数は良くはないためか、大きく反発しなかった。 欧州中央銀行や、英中銀などは金融緩和の拡大、米トランプ大統領の新型コ…

(米国市場) NYダウがついに、2万ドルを割り込み。全米50州で感染者が確認

3/18 昨日のNY市場は、全米50州で新型コロナウイルスの感染が確認されており、経済悪化の影響が懸念されるようになっている。 ダウは、ついに20000ドルを割り込み大きく下落し、どこまで下がるのか分からない。 大手航空会社デルタは、3月の収益が前年同月比…

(米国市場) 1兆ドルの金融緩和策を検討との報道から、買い戻しが入り上昇。

3/17 昨日のNY市場は、前日の3000ドル安から反発し1000ドル高となっている。 さすがに大幅下落からの戻し買いが入った模様。 米国政府では、1兆ドル規模の追加支援策を検討していると報道。連銀も短期社債の買取プログラムを再開したことも功を奏したのかも…

(米国市場) FRBによる追加緩和策を取りつつも、市場は最大の下げ幅を更新し大幅下落

3/16 昨日の米国市場は、ダウ平均2997ドル安と最大の下げ幅を更新。 米連邦準備制度理事会(FRB)の追加緩和に踏み切ったことを発表するも、市場開始から、サーキットブレーカーが発動し、一取引停止が3回目となった。 S&P500 -11.98% Dow30 -12.93% Nasdaq …

(米国市場) 国家非常事態宣言発動と、施策が功を奏し株価は上昇。半導体が大幅反発

3/13 昨日のNY市場は、前日の史上最大の下げ幅から一転して、1985ドル高の最大の上昇幅となり急反発している トランプ大統領が新型コロナウィルスに対して、国家非常事態宣言を発動。 ウィルス検査体制の強化、学生ローン金利支払い免除、下落している石油の…

(米国市場) コロナショック続き、欧州からの入国禁止で航空各社が打撃

3/12 昨日のNY市場は、新型コロナウィルスを引き続いての下落となっている。 開始早々、サーキットブレーカーが発動するなど大荒れ。 欧州からの入国を30日間禁止にするなど施策はしているが、感染者が倍増しており、時すでに遅いのかもしれない。 この影響…

(米国市場) ようやくWHOがパンデミック宣言をし、市場は大幅下落

3/11 昨日のNY市場は、新型コロナウィルスのパンデミック懸念が強まり、-1464.94ドル安で終えている。 世界保健機構(WHO)がパンデミックに認定すると売りに拍車がかかりダウは、20%下落した水準を割り込み弱気相場となっている。 トランプ政権の発表した経…

(米国市場) 売られすぎのソフトウェア関連を中心に買い戻しが入り大幅上昇

3/10 昨日のNY市場は、トランプ大統領の景気対策への期待から上昇して始まるも、新型コロナウィルス(コビット19)の影響、検査の自己負担で一時下落。 そこから終わりにかけては戻し買いが入り+1167ドル戻して終了している。 S&P500 +4.94% Dow30 +4.89% Na…

(米国市場) コロナショック、NYダウは2013ドル安。原油価格も20%超の下落

3/9 昨日のNY市場は開始から大幅下落し、一時は「サーキットブレーカー」が発動し、15分間取引停止にまで陥った。 リセッションが囁かれる中、下げに入ったのは新型コロナウィルスの方になってしまいました。投資家心理が悪化したのは、クルーズ船のグランド…

コロナショックキタコレ

びすくんです NYダウが、一時-2000ドルを上回る大幅下落となったようです。 一時は取引停止になるまで下落したものの 戻し買いが入るも、大幅下落は間違いなさそうです。 23:00頃のデータでは、ダウで大幅下落している銘柄は ボーイング、ユナイテッド・ヘル…

(米国市場) 下げ幅は抑えられるも、新型コロナウィルス(コビット19)の影響は計り知れない

3/6 昨日のNY市場は、新型コロナウィルス(コビット19)の蔓延により、世界経済が後退する確率が高まったとされ256ドル安となっている。 FRBでは、さらなる追加緩和を示唆するなど動きに入ると見られるが、それほど影響は大きくなさそう。 S&P500 -1.71% Dow3…

(米国市場) 米国でのコロナウィルス(コビット19)疑いが2800人のニュースや、企業業績の悪化で下落

3/5 昨日のNY市場は、新型コロナウィルス(コビット19)と景気による企業業績の悪化を懸念してダウ平均では-969安となった。 カリフォルニアでは、州全域に非常事態宣言を発動するなど、米国でもウィルス拡大が懸念となっている。 S&P500 -3.39% Dow30 -3.58…

(米国市場) 日々の上下動が激しすぎる、バイデン氏が躍進したことで上昇と報じられ、大幅上昇

3/4 昨日のNY市場は、反発し+1173ドル高で終えている。 米大統領民主党候補選でバイデン氏が躍進したことで上げられるとされている。 S&P500 +4.22% Dow30 +4.53% Nasdaq +3.85% NYダウ ダウは反発し、27000ドル台を回復している。 上昇の寄与度で見ると…

(米国市場) FRBの利下げ敢行するも遅く、世界経済懸念により下落。コビット19の猛威は続く

3/3 昨日のNY市場は、FRBによる利下げを行うも、昨日大反発した影響からか確定売りが入り下落となっている。 新型コロナウィルス(コビット19)の影響による、成長見通しの大幅悪化を理由に市場は下げたとされているが、先行きを見ての確定売りが濃厚かと思い…

(米国市場) 市場は大反発、新型コロナウィルスはまだ続くが、下げすぎた状況からの大幅反発と市場はまだ不安定

3/2 昨日のNY市場は、大反発して+1293ドルの大幅上昇となっている。行き過ぎた新型コロナウィルス(コビット19)の影響が大きそうでうす。トランプ大統領が製薬会社と会合し、新型ワクチンの早期開発の期待から上昇を拡大したとされている。 NYダウ ダウが大幅…

(米国市場) 新型コロナウィルスの影響で、7日連続下落。ハイテクが持ち直し

2/28 昨日のNY市場は、新型コロナウィルスの影響により7日連続での続落となっている。週間ベースで3583.05ドルの下げとなり、過去最高の下落となっている。 S&P500 -0.82% Dow30 -1.39% Nasdaq +0.01% NYダウ 感染拡大の収束が見えず、世界経済の減速が懸…

(米国市場) ついにきたかコロナショック。米市場は大幅下落、ハイテクを主に大幅下落している

2/27 昨日のNY市場は、新型コロナウィルスの感染者が米カルフォルニアで確認されるなど、世界での蔓延による世界経済への影響が大きいとして大きく下落となっている。 S&P500 -4.42% Dow30 -4.42% Nasdaq -4.61% NYダウ ダウは開始から下げ続け、ダウ平均…