ビスくんのフリースタイルライフ

ビスくんのフリースタイルライフ

節約生活とともに、フリースタイルライフを目指します。

スポンサーリンク


iMacが世に出てから20年経ったそうです

びすくんです

 

GIZMODOの記事で、ボンダイブルーの初代iMacが、20周年を迎えたそうです。


ジョブスさんの功績はここから始まった。iMacです

当時のマックといえば、高い、機能が微妙、ソフトが無い!というイメージでした。

それを覆したのが、iMacです。

デザインが優れており、このパソコンが出てからスケルトンが流行りだしました。

そして、Windows真似いいところを取り、画期的なGUI画面が作られたものです。

 

私のPCは、今だにパソコンの裏がゴチャゴチャしています。

配線がすごいですね、モニタ、キーボード、マウスはもちろん、TVのアンテナ線、オーディオケーブル、LANケーブルとなっています。

 

初代iMacから派生したディスクトップ型は、電源ケーブルとLANケーブルがあるだけ。

スッキリとしたデザイン、机の上もスッキリ。

それにオシャレといった感じです。

 

個人的には、2004年頃の、iMac G4が出た時には、購入しようかと思いましたw

これです

f:id:biskun:20180508234916j:plain

当時としては、画期的なデザインでした。

いまでも、ちょっと憧れが残っています。

 

スポンサードリンク

 

iMacを皮切りに、iPodが流行り、iPhoneiPadと続きます。

 

今のApple社の状況は?

現在のAPPLEの主力製品は、iPhoneが殆どの利益を生んでいます。

iPhone 60%以上

iPad 7%

Mac 10%

・iPhoneMusic等のサービス 15%

iPod、iWatch等 6%

殆どがiPhoneで売上を伸ばしています。

 

売上としては、アメリカが一番多く、続いてヨーロッパとなっています。

しかし、利益率(収益性)として一番良いのは、実は日本だったりします。

 

バフェットさんが、APPLE株をさらに購入したそうで、市場ではすごい勢いの状況になっているようですが、個人としては冷静な目で見ています。

 

日本での現状を見ると、iPhoneXは不発。

それでも、次なるiPhoneが出たら購入する人はいると思いますが、日本人の財布はどんどん固くなっているのが現状なので、日本での売上は下がると思われます。

10万もする、新製品のiPhoneを購入できる若い人は少ないですよね・・・

 

iPhoneに頼りっぱなしの、事業方針をとっているわけで、かなりのリスクを含んでいるわけです。