ビスくんのフリースタイルライフ

ビスくんのフリースタイルライフ

節約生活とともに、フリースタイルライフを目指します。

スポンサーリンク


2017年10月2週の市場動向はどうだったか?

びすくんです

 

2017年10月2週の市場動向です

市場の上昇が止まらなく、日本も米国も上昇を続けています。

地政学的リスクは影を潜めており、石油輸出制限などの対策が効いてきてるのでしょうか?わからないですが。

 

私の資産も、今月だけで+0.7%と上昇しており、少しづつですが総資産が増えています。このまま上昇を続けてくれれば良いですが、今後の見通しは誰にも分かりません。

 

日経平均

f:id:biskun:20171015074133j:plain

週明けから日経平均が上昇しており、1997年の最高値を超えています。

これ以上の値となると、バブル期の33,000円付近とのことですので、そこまではさすがに!と思ってしまいます。

 

TOPIXに関しても1700ポイントを超え、最高値を出しています。

以前に(1306)TOPIX上場投資信託を途中で売却しており、やはり長期的に持っていないとこういった上昇した際に恩恵が受けられないなと、しみじみ思いました。

 

スポンサードリンク

 

NYダウ

f:id:biskun:20171015074200j:plain

NYダウは、先週は安定的に上昇を続けていましたが、今週も同じように上昇し最高値を更新しています。 

12月に1度利上げが行われ、来年にはバランスシート縮小が始まります。

ソフトランディングになりそうなので、何も無ければ、まだまだ上昇ムードは変わらなそうです。年末の上昇にも期待がモテそうですね。

 

今週の経済指数

10/11 米連邦公開市場位委員会(FOMC)議事録

10/13 米・9月消費者物価指数(CPI)(前月比)   0.4% ⇨ 0.5% UP

10/13 米・小売売上高(前月比)          -0.2% ⇨ 1.6% UP  

10/13 米・小売売上高(除自動車)(前月比)    0.2%  ⇨ 1.0% UP

 

FOMC議事録で低インフレ継続の可能性が示され、ドル売り圧力となり、1ドル112円前半を維持しています。

時期FRB人事は誰になるか、興味が出てくる所です。

そのままイエレン議長が継続するのか、パイエルFRB理事、ウォーシュ元FRB理事、コーン国家経済会議(NEC)委員長の名前が上がっています。

 

今後の主な経済指数

10/17 独・ZEW景況感調査

10/17 米・設備稼働率

10/17 米・鉱工業生産

10/18 米・建設許可件数

10/18 米・住宅着工件数

10/19 米・フィラデルフィア連銀景況指数

10/19 米・新規失業保険申請件数

10/20 米・中古住宅販売件数

 

特に大きな経済指数は無いので、市場に反映される物が無さそうです。

住宅関連の指数がちょっと気になる程度でしょうか?

 

純金価格

f:id:biskun:20171015074231j:plain

下落気味だった純金価格は、週明けから待つまで上昇しています。

価格的には、それ程上下していないので、安定的な資産にはなりそうです。

 

金相場の大本は、アメリカになります。ここで決まった価格が全世界に反映されています。今週の金価格は、ようやく以前に戻りつつあり、金曜日の夜に大幅上昇しています。

f:id:biskun:20171015082357j:plain

 

プラチナ価格

f:id:biskun:20171015074240j:plain

下落が止まらなかったプラチナ価格ですが、ようやく止まり、少し上昇しています。

金価格に吊られて少々上昇しているようです。

 

自動車関連の排ガス部分に使わる触媒として、プラチナは大きく占めています。

今後、電気自動車が支流になれば、下落していく可能性があります。

今現在では、中国の排ガス規制問題が出ており、プラチナが使われるかどうか?分かっていません。

 

プラチナの仲間である、パラジウムの情報です。

供給不足のパラジウムは、年々上昇をたどり、先月にはプラチナの価格を超えて来ました。

今週ではどっだったか!!!

プラチナ価格を超え、パラジウムは1グラムで111円も上回っています。

完全に、逆転したと見ていいですね。

 

以上、2017年10月2週の市場動向でした。