ビスくんのフリースタイルライフ

ビスくんのフリースタイルライフ

節約生活とともに、フリースタイルライフを目指します。

スポンサーリンク


ドル保存には、ドルの定期預金か?MMFか?

f:id:biskun:20170329145932j:plain


びすくんです

 

定期的に円をドルに変換し、ドルを貯めて次の投資準備をしていました。

 

通常、まとまった金額が有る場合には、SBI証券のFXαを使用していましたが、最近は、住信SBIネット銀行でドルを購入しています。

 

住信SBIネット銀行でドル転

USD/JPNの変換が、以前は15銭でしたが、片道4銭に改善されています。

ドル転した場合、外貨普通預金となり、金利も付きます。

f:id:biskun:20170926165927j:plain

普通預金 米ドルでは、年率0.400%の金利が付きます。

ドルの保管として、ついでに金利が付くのが良いですね。

 

f:id:biskun:20170926170504j:plain

文字が小さいですが、利息が入ってきています。

8/20、利息として0.54USD

9/17、利息として2.39USDが入ってきました。

ちょっとお得ですね。

ちなみに税金としては、地方税国税が取られてます

 

スポンサードリンク

 

SBI証券とのドル移動までの時間

住信SBIネット銀行から、SBI証券へのドルの移動は瞬時に行われるので、重宝しています。ただし、逆の場合には数日かかります。

 

ドルの移動(外貨入金)

住信SBIネット銀行 ⇨ SBI証券 数秒

 

ドルの移動(外貨出金)

SBI証券 ⇨ 住信SBIネット銀行 1~2日

 

外貨MMFで保持しておく方法もあります

余っている外貨を、SBI証券MMFに預ける事も可能です。

こちらは金利が高い反面、買い付け金額への反映が2~3日かかるため、利便性に少し欠けます。

 

f:id:biskun:20170926171152j:plain

ニッコウ・マネーマーケットファンド(米ドル)では、0.949%(9/26現在)

外貨普通預金と比べると、倍以上の金利でお得ですね。

当分使う用途がない場合には、良さそうです。

 

「今日株価が下がってるから今日買いたい!」というときには、MMFは利便性が悪いので、ご注意ください。

(そんな事はまずないので、こちらにしようかな?と模索中)

 

注意点

MMFを売買する時には、現在の為替が関わってきます。

円高の時にMMFを購入し、円安の時にMMFを売却すると、為替差益となってしまい、その額が大きすぎると、確定申告が必要になる恐れがありますので、ご注意ください。

 

私はその点が面倒なので、住信SBIネット銀行普通預金を選びました。

 

追記

当分使う予定が無い事に気がついたので、MMFに変更することにしました!

やっぱり金利が高い方がいいですよね~♪

f:id:biskun:20170927082303j:plain

f:id:biskun:20170929164914j:plain