ビスくんのフリースタイルライフ

ビスくんのフリースタイルライフ

節約生活とともに、フリースタイルライフを目指します。

スポンサーリンク


2017年8月2週の市場動向はどうだったか?

びすくんです

 

お盆に入っているため、日本市場はお休みに入りました。

北朝鮮の暴走が止まらないため、大幅下落となっています。

円高に振れたのも原因のようですが、さらに下落するのか、戻すのかは分からないですね。

アメリカ市場も、NYダウが一段落しているのか停滞、また、S&P500指数なども弱い動きとなっています。

 

日経平均

f:id:biskun:20170812225125j:plain

北朝鮮問題が、再度、勃発しております。

島根、広島、高知の上空を飛ぶ、ミサイルを発射しグアム付近へ飛ばすと発表。

有事への第一歩なのかは分からないですが、純金や円などに資金が流れたようです。

 

日本株も下落しており、19700円付近で止まったようです。

有事が発生すれば、大幅下落は免れないと思います。資産を一時現金にするかどうか?迷う所です。

どうしようかなー(´(・)`)

 

スポンサードリンク

 

NYダウ

f:id:biskun:20170812225135j:plain

大幅に上昇していた、NYダウですが、今週は少しずつ下げています。

決算も一段落つき、大幅上昇する銘柄が減ってきています。そのため、平均すると利益確定売りなのか、下落している企業の方く徐々に下落となっています。

  

経済指数が振るわないのに、上昇していたのがおかしかった訳なので、これが正常なのかもしれません。

 

VTIの株価です(VTI:米国全ての株式を網羅するETF)

f:id:biskun:20170812230458j:plain

NYダウと似たような動きとなっています。

アメリカ全体を見るには、やはりVTIや、S&P500指数をベースに考えたほうが良さそうです。

NYダウに目を奪われがちですが、資産の分散を考えるならこちらかもしれない。

 

経済指数はどうだったか?

8/10 米・新規失業保険申請件数     24.0万件 ⇨ 24.4万件 UP

8/11 米・消費者物価指数(CPI)前月比   0.0%   ⇨ 0.1%    UP

 

消費者物価指数が、それ程上がっていません。

消費の方がイマイチ良くなっていないのが現状のようです。

失業保険申請件数も上昇しています。

 

最近の経済指数は良くなく、北朝鮮問題もあるし、市場が弱くなっていく要素が多くなってきました。FRBの利上げや、バランスシート縮小が今後どうなるのかは、注目しないとだと思います。

ダブルパンチだと、大幅な調整に入る可能性が出てきそうです

 

来週の経済指数スケジュール

8/15 米・小売売上高

8/16 米・建設許可件数

8/16 米・住宅着工件数

8/17 米・フィラデルフィア連銀景状指数

8/17 米・新規失業保険申請件数

8/17 米・鉱工業生産

8/17 米・設備稼働率

8/18 米・ミシガン大学消費者信頼感指数

 

来週は、スケジュールが満載です!

木曜日の8/17に多くの指数がでていますが、それ程重大な指数ではないので、値動きに影響は無さそうなところ。

 

純金価格

f:id:biskun:20170813102919j:plain

地政学的リスクとして、北朝鮮問題が発生したため、純金の価格が上昇しています。

さらに悪い方向へ行けば上昇、平行線ならもみ合いになりそうです。

長い目で見れば、安定している金なので、それ程考え込まなくても良さそうです。

 

プラチナ価格

f:id:biskun:20170813102946j:plain

金と同様に上昇するかと思いましたが、そうでもないようです。

下落はしていませんが、平行線のままです。

有事の際には、金と同様に上昇するのかどうかは、分かりません。

 

プラチナの仲間である、パラジウム情報です。

パラジウムは小幅下落しています。プラチナとの価格差は1グラムあたり347円と安定してきています。当分の間はコノくらいの差で推移しそうです。

 

以上、2017年8月2週の市場動向でした。