ビスくんのフリースタイルライフ

ビスくんのフリースタイルライフ

節約生活とともに、フリースタイルライフを目指します。

スポンサーリンク


2017年8月1週の市場動向はどうだったか?

びすくんです

 

大型の台風5号が、日本に上陸しそうです。来週の月火あたりは外出する予定だったのですが・・・どうしようかなー?

 

迷走している台風と同じように、市場も迷走しているような気がしています。

どっちにも動けず、停滞しているのが似ているかとw

 

日経平均

f:id:biskun:20170805204428j:plain

日経平均は、19900~20100付近で維持しています。

 

大幅な下落とはなっていなく、あるいみ堅調なのかもしれません。

企業決算が一段落ついたところです。4-6月決算はおおむね良好な内容だったようで、上昇した株の売りが盛んに行われた株も多かったようです。

 

動きがでてくるとすると、9月頃に行われるとみている、FRBのバランスシート縮小による動きが気になってくるところ。

 

NYダウ平均

f:id:biskun:20170805204503j:plain

先週と同じようなグラフに見えますが、今週です

NYダウは、月曜から、金曜日まで上昇を続けています。

 

それ以外の、S&P500指数や、米国全般の指数に関しては、このような図のように上昇しておらず、平行線の状態です。

 

VTIの1週間です(VTI:米国全体の株を網羅するETF)

NYダウのような上昇率は見受けられないので、NYダウだけが好調すぎるという面が見て取れます。

f:id:biskun:20170805204839j:plain

 

経済指数は、どうだったか?

7/31 米・中古住宅販売保留指数(前月比)  -0.8% ⇨ 1.5%    UP

8/1 米・個人所得(前月比)          0.4% ⇨ 0.0%     DOWN

8/1 米・個人支出(前月比)          0.1% ⇨ 0.1%     EVEN

8/1 米・ISM製造業景状指数        57.8 ⇨ 56.3      DOWN

8/2 米・ADP民間雇用者数(前月比)    15.8万人 ⇨ 17.8万人 UP

8/3 英・中銀(BOE)政策金利発表     0.25% ⇨ 0.25%   EVEN

8/3 米・新規失業保険申請件数      24.4万件 ⇨ 24.0万件 DOWN

8/3 米・ISM非製造業景状指数(総合)     57.4 ⇨ 53.9     DOWN

8/4 米・非農業部門雇用者数       22.2万人 ⇨ 20.9万人 DOWN

8/4 米・失業率             4.4% ⇨ 4.3%    DOWN

 

比較的良好な指数もあれば、ISM指数が弱かったなど、消費は依然弱い感じが伺えます。なんか日本みたいな話ですね。

 

来週の経済指数スケジュール

8/10 米・新規失業保険申請件数

8/11 米・消費者物価指数

 

来週の経済指数スケジュールは少ないようです、指数による上下は余りないと思われます。

NYダウは強気、米国の他の株式は平行線のままなのかどうか?といったところでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

 

純金価格

f:id:biskun:20170806003541j:plain

FOMC(米連邦公開市場委員会)の声明文にはサプライズはなく、インフレ見通しも弱いため、米国では金は上昇しているようです。

米ドル価格が下落しているため、日本円での価格はそれほど上昇せず逆に下がっているように見えています。

 

プラチナ価格

f:id:biskun:20170806003555j:plain

先週から打って変わって、突然の上昇となっています。

純金価格と同様に、 FOMC(米連邦公開市場委員会)のインフレ見通しに弱気な内容が見られたことから、ドルが下落、これを受けてプラチナ価格が上昇したとのことです。

 

プラチナ価格が上昇したことで、パラジウムも上昇か?と思いましたが、逆にパラジウムは下落しています。

価格差は、グラムで、341円と若干開きました。

 

ようやくプラチナの底値から脱出したのか?

だといいのですが、このまま上昇してほしいところです。

 

以上、2017年8月1週の市場動向でした。