ビスくんのフリースタイルライフ

ビスくんのフリースタイルライフ

節約生活とともに、フリースタイルライフを目指します。

スポンサーリンク


60歳から、ゆとりある暮らしは月30万必要と思ってる人が多数

f:id:biskun:20170718143106j:plain

びすくんです

 

マネーフォワードのコラムで、還暦の人にアンケートを取ったコラムがでていました。

moneyforward.com

 

60歳の方にアンケートを取っていますが、色々おもしろかったので記事にしてみました。

 

高齢者は70歳以上

子供からみれば、30歳はおじさん、60歳はおじいさんですが、

60歳の人からすると、70歳が高齢者と見ているそうです。

70歳の人に聞けば80歳って結果がでそうですけどねw

f:id:biskun:20170804183926j:plain

52.6%の人が、70~74歳が高齢者と思うそうです。

厚生省からすると、下記のようになっているので、制度的には65歳が高齢者と見て良さそうです。

65歳~75歳 前期高齢者

75歳以上  後期高齢者

 

スポンサードリンク

 

 

60歳でも、まだまだ働きたい人多数

今の年代の方だと、そう思っている人が多数だと思います。

30年後には、働き手が少なくなり、定年も伸びると予想されています。

私だったら、もっと前にリタイアしたいですねー

f:id:biskun:20170804184935j:plain

会社員が殆どかと思いますが、現在の60歳の方は、70歳まで働きたい人が多数をしめています。

個人的には、ゆっくり老後を暮らせばいいのに!って思ってしまうのですが、、、

厚生労働省からのデータでは、日本の平均寿命は、このようになっています。

男性 80.98歳

女性 87.14歳

つまりは、ゆっくり過ごせる時間は、男性だと10年くらいしか無さそう。

 

60歳以降の生活費はいくら欲しいか?

さて、本題です!

アンケート結果からですが、画像が小さいです。

 

グレー表示 最低必要 金額

ブルー表示 ゆとりある暮らし 金額

f:id:biskun:20170804185534j:plain

 

最低必要な金額として多いのが、27.0%の方が一番多い、20万~24万円

現在の厚生年金の平均額が、14万5000円とのことです、夫の年金だけでは暮らせないです。妻が働いて居た場合、国民年金が5万円入ってくるので、20万に達します。

夫婦両方共が、働いていた場合は、年金と少しの貯金で生活できそうです。

 

それ以外の場合は、夫の年金以外の月5万5千円は、資産からくずして過ごさないといけないわけです。

85歳まで生きるとして、25年で、計算すると。

25年☓12ヶ月☓5.5万円=1650万円

最低必要な資産としては、1650万円あれば足りそうですね。

 

ゆとりある生活のための金額は、30.6%の方が一番多く、30万~34万円

30万円をベースに、同じく計算してみます。

妻が働いていた場合は、同じく5万円入ってくるので、月10万円必要になってきます。

25年☓12ヶ月☓10万円=3000万円

 

夫のみの給料の場合は、

25年☓12ヶ月☓15万円=4500万円

ゆとり生活できるのは、4500万円となりました。

 

そう考えると、日本人の平均貯金額が1820万円ですから・・・

ゆとりある生活が全員出来るとは限らないですね!!

 

まとめ、私達の世代では、どのようになるか?

ニュースでは、このままでは厚生年金が破綻する可能性がある。とのことですから、年金が減っていくと思われます。 

 

ただし、夫婦共働きの世帯も多く、二人の年金を合わせると、年金は20万付近にはなるのではと思います。

 

ゆとりあるくらしをするには、月10万必要とすると、先程の計算で3000万円あれば足りそうです。(たぶん)

 

追記:でもこれって、通常の生活をするお金ですよね?医療費とか介護が必要になったりとか考えてない金額だから、もしもの時の資金は必要そうですね。