ビスくんのフリースタイルライフ

ビスくんのフリースタイルライフ

節約生活とともに、フリースタイルライフを目指します。

スポンサーリンク


2017年7月4週の市場動向はどうだったか?

びすくんです

 

2017年7月4週の市場状況です。

梅雨明け宣言されたか微妙な時期です。

昨日は家の近くはゲリラ豪雨でした。夏の甲子園予選が行われていますが、TVで見ていたその球場では雨さえ降っていなく、晴天で、あれ?って感じでした。

学生の夏休みも入ったところもあり、子どもたちの声が、そろそろ聞こえそうなところです。

 

日米両方の市場は、上下を繰り返していますが、いたって平和な感じを受けます。

北朝鮮の横槍もなくなりましたし、シリアあたりのISIS問題も近頃は聞かなくなりました。世界は平和になりつつあるのか?

 

日経平均

f:id:biskun:20170722195350j:plain

日経平均です。火曜日には下落していますが、木曜日には20,000円付近の攻防が続いています。

 

日銀の金融政策決定会合が行われていますが、経済はまだまだ良くはなっていないようです。 

外国に引きづられなければ、20,000円台での攻防が続きそうです。

 

NYダウ

f:id:biskun:20170722195425j:plain

NYダウです。乱高下しているように見えますが。

差ほど動きはない感じです。(人の目には値動き激しく見えるかもだけど)

21,600~21,500付近で上下動している感じです。

 

先週は経済指数が弱く、そのため、利上げについては今後、なだらかに行っていくことで、市場は安心し上昇していました。

今週も同じような感じに見受けられます。

 

また、米国の企業の決算が続々発表されています。

良かったところも、悪かったところもありますが、ダウに関しては平均化されているのか、それ程動きは見受けられません。

 

経済指数はこのような感じでした。

7/17 中国 4-6月期四半期国内総生産(GDP) 6.9% ⇨ 6.9%   EVEN

7/17 欧州 6月消費者物価指数        1.3% ⇨ 1.3%    EVEN

7/18 独・ZEW景状況感調査        18.6 ⇨ 17.5    DOWN

7/19 米・6月住宅着工件数        109.2万件 ⇨ 121.5万件 UP

7/19 米・6月建設許可件数        116.8万件 ⇨ 125.4万件 UP

7/20 欧・欧州中央銀行(ECB)生産金利   0.00% ⇨ 0.00%    EVEN

 

来週のスケジュールはこのような感じ

7/25 米・CB消費者信頼感指数

7/26 英・四半期GDP

7/26 米・新規住宅販売件数

7/27 米・米FOMC政策金利発表

7/27 米・耐久財受注

7/27 米・新規失業保険申請件数

7/28 米・四半期個人消費

7/28 米・四半期GDP(速報値)

 

金価格

f:id:biskun:20170723100144j:plain

下落していた金価格が、若干ですが上昇しています。

 

下落が止まったのは良い傾向かもしれません。

といっても、4800~4900付近での攻防ですので、動きとしては小さいので安心して見ていられます。

 

プラチナ価格

f:id:biskun:20170723100157j:plain

プラチナ価格です。ギザギザが見受けられますが、この価格帯でもみあっています。

この辺りが底と見て良いかもしれません。

 

プラチナの仲間である、パラジウムについては好調を維持できず、下落しています。

プラチナとの1グラム価格差では、368円と差が大きくなりました。

プラチナは過剰生産、パラジウムは品薄状態が続きます。

 

以上、2017年7月4週の市場動向でした。