ビスくんのフリースタイルライフ

ビスくんのフリースタイルライフ

節約生活とともに、フリースタイルライフを目指します。

スポンサーリンク


SK-IIのCMは、桃井かおりの方が素敵だった

f:id:biskun:20170720205434j:plain

特別お題がでていたので、さっそくお題スロットに投稿してみました。

 

スポンサーは、SK-II

SK-IIといえば、桃井かおりさん!のイメージが強いです。

 

CMから語りかける、桃井さんのCMはよかった。

 

今回の映像は、腕に、「1987年生まれで、賞味期限が2017年」の刻印が腕についている。

映像の女性には30歳という期限が腕についてるわけ。

 

29歳症候群という言葉がある。

私も、若干その頃には不安な気持ちがありました。

それを、今回化粧品のCMとして、表現したかったんだと思う。

 

そろそろ30歳、今のままでいいのか?このまま続けてていいんだろうか?

と悩んだのは、職業についてです。

 

私の大本の会社は、地方都市で、そこから首都圏のIT企業で仕事をしていました。

給料体系としては派遣扱いでしたので、地方都市の給料でしたが、仕事量や技術などは首都圏のレベルの仕事でした。

首都圏の大会社は雰囲気も良く、居心地のよい環境でした。

 

30歳近くになると、この後、何年この場所に居られるだろうか?と考えるようになります。

IT関連ですと、平均的な年齢は30歳がピークとされています。

 

それ以降になると、中間管理職のような立場へと移動するわけですが、私自身がそういう立場に居るわけではないので、有る一定の年齢を超えてしまったら、技術者として採用されなくなってしまうわけです。

 

それが、29歳頃だった。

一度、地元に帰り、長い間務めることができる仕事をするべきじゃないか?と考え、地元の企業に勤めました。

 

再就職に関しては、「期限なんてない!」とは言えません。

大概の企業の中途採用の年齢は、35歳のようです。

 

これ以上の歳になると、なかなか採用が出来ない世の中です。

もっと若いうちに、転職するべきだった!と思う分け。

 

CMでは、「年齢に縛られる必要なんて無い」「誰かに決められた期限なんてない」

仕事に関しては当てはまらないなーと、ちょっと思ったりした。

 

でも、「歳だから」を言い訳に使っていては、何も出来ないですよね。

 

何か新しい事をする時、年齢に縛られるような生き方はしたくないものです。