ビスくんのフリースタイルライフ

ビスくんのフリースタイルライフ

節約生活とともに、フリースタイルライフを目指します。

スポンサーリンク


2017年7月2週の市場状況はどうだったか?米雇用統計

びすくんです

 

2017年7月2週の市場状況です。

 

7月4日の米国の独立記念日には、北朝鮮がミサイルを発射するなど、事件が発生しました。それに伴い、G20会議ではロシアがICBMでは無いと主張することで、微妙な警告に留まったようです。

 

市場関連では、ミサイル発射と、その後の「北朝鮮の重大発表」に踊らされ、市場は乱高下しました。

米国では、雇用統計等の指数が良く、市場はやや上昇へと動いています。 

 

日経平均

f:id:biskun:20170708160359j:plain

20,000円代を維持していた日経平均でしたが、ついに、金曜日に19,000円代へと下がっています。

7/4の北朝鮮のミサイルが影響してか、4日から微妙な市場状況へと変化してしまったように思えます。

来週は、20,000円代への復帰と、維持できるかどうかにかかっていそうです。

 

NYダウ

f:id:biskun:20170708160619j:plain

市場の動きが良くなかったわけですが、ダウ、S&P500等の指数も下落しつつあります。特にハイテクセクターの動きが上下のカギになりそうです。

その中、金曜日に発表された米・雇用統計の数値が良かったこともあり、市場は上昇で今週は終えています。

また、両ISM製造業景状況指数が上昇しており、景気は上向きへとなっている点があげられ、景気は良い方向へと進んでいるようです。

来週はどんな動きになるのか!?

 

先週の経済指数

7/3 日・四半期日銀短観    12     ⇨ 17      UP

7/3 米・ISM製造業景状指数   54.9    ⇨ 57.8      UP

7/6 米・ADP雇用指数     25.3万人  ⇨ 15.8万人    DOWN

7/6 米・貿易収支       -476億ドル ⇨ -465億ドル UP 

7/6 米・ISM非製造業景状指数  56.9    ⇨ 57.4    UP

7/7 米・非農業部門雇用者数  13.8万人  ⇨ 22.2万人  UP

 

来週の主な経済指数

7/13 米・新規失業保険申請数

7/14 米・小売売上高

7/14 米・消費者物価指数

7/14 米・鉱工業生産

7/14 米・設備稼働率

7/14 米・ミシガン大学消費者信頼感指数

 

来週も、金曜日にメインとなる指数が連続して発表されます。

 

金価格

f:id:biskun:20170708161958j:plain

週からすると、上昇から一転して、下落へと向かっています。

米国金相場では、このあたりが底と見られており、そろそろ上昇へと進むのではと思うのですが、どうなんでしょうか?

 

プラチナ価格

f:id:biskun:20170708162011j:plain

下落し続けているプラチナですが、このあたりが底ではないかと思えてきます。

2015年9月の底と同じ位の値を示しており、ここがディフェンスラインの予感。

これ以上は、下がらなそうなんですが、まだ分からないですね・・・

私は底だと信じてるんですがね・・・

 

仲間のパラジウムについても、上昇中だった価格が、今週は下落へと進みました。

さすがに高すぎると判断したのか、それともプラチナが下落したため、両方下がったのか?といったところでしょうか?

プラチナとの価格差は、1グラム344円差となっています。

 

以上、2017年7月2週の市場状況でした。