ビスくんのフリースタイルライフ

ビスくんのフリースタイルライフ

節約生活とともに、フリースタイルライフを目指します。

スポンサーリンク


2017年6月 米国株式のKO(コカ・コーラ)から配当金が出ました。初めての配当

f:id:biskun:20170706233552j:plain

びすくんです

 

米国株のKO(コカ・コーラ)から、6月の配当金が出ました。

今回が初めての配当金受理になります。

1単位あたり 0.37ドル

配当金 19.32ドル

日本円換算 2,148円

 

f:id:biskun:20170706233727j:plain

 

近くのドラッグストアでは、コカ・コーラ500mlペットボトルが1本86円で売っているので、購入すると・・・

約25本も買えちゃえます!!

 

1日1本飲んでも1ヶ月持たないのか・・・残念。(そこ?)

3ヶ月に1度の配当だから、90本買えるような配当が欲しいですねw

 

KO(コカ・コーラ)

言わずと知れた、コーラといえばこの会社です。

アメリカの大型株として、ダウ30種にも入っている会社です。

 

四半期配当金:0.35ドル→0.37ドル

増配率 5.7%

連続増配年 55年

 

連続増配が55年ですよ!

50年すぎると、配当王銘柄と呼ばれるそうです。

 

年数によって、名称が変わるようです。

配当王(50年)の前は、配当貴族(25年)と呼びます。

 

日本での配当金が連続増配されている銘柄は数少ないです。

有名なのが、花王です。

 

米国株 KO(コカ・コーラ)チャート

f:id:biskun:20170706165714j:plain

直近では、なだらかに上昇していました。

現在では、アメリカ株自体が元気がなく、徐々に下落傾向となっています。

 

ダウ30種では、現在ハイテク関連が下落し、金融が上昇したり、ヘルスセクターが上がり、エネルギーセクターが下がるなど、どちらかが上がり、片方が下がる現象が起きています。

米国投資家の中でも、セクター間での取引が頻繁に行われているようです。

 

そんななか、KOについては一般消費財セクターですので、どちらかというと平凡。

 

大きな利益を生むものではなく、日々消費されていくコカ・コーラですから、莫大な利益が突然舞い込むなんてことは無いわけです。

昨日コーラ飲んでなかった方が、急に2本、3本飲みだす分けではないのです。

 

そんな私も、コカ・コーラの飲む量といえば、1ヶ月に1本くらいかもw

飲料水として愛飲しているのは、お茶系です。(おじいさんかよ)

 

サントリーの烏龍茶ばかり飲んでいます。スッキリして、若干苦味があるのがいいですね。日本のコカ・コーラからも、烏龍茶が出ています。「煌 烏龍茶」です。

サントリーよりは、安く販売しているので、こちらを購入することもあります。

 

日本のコカ・コーラボトラーズには、あまり貢献出来ないけど。

末永く、米国株のKOはもち続けたいと思います。

 

《参考》

外国株式を購入している私の証券は、SBI証券になります。

NISAを使用してでしたら、マネックス証券の方がオススメになります。

SBI証券 (右上の「今すぐ口座開設」から)

楽天証券

マネックス証券

購入手数料、口座手数料も安いので、オススメとなっています。

口座開設には、マイナンバーカードが必要になってきましたので、ご注意ください。

 

投資をはじめるなら、良い本を読むことをオススメします。

オススメの投資本を紹介します!投資する前に読みましょう!