ビスくんのフリースタイルライフ

ビスくんのフリースタイルライフ

節約生活とともに、フリースタイルライフを目指します。

スポンサーリンク


2017年7月1週の市場状況はどうだったか?

びすくんです

 

2017年6月5週、7月1週の市場状況になります。

 

今週は、波乱もあまりなく、米国市場もIT関連が売られても、他のセクターが盛り返し、基準価格は下がったように見えない一週間でした 。

日本市場では、金曜日に大幅に下落しています。 

 

日経平均

f:id:biskun:20170702104148j:plain

今週の日経平均は、安定していましたが、金曜日にご覧の通り下落しています。

しかし、20,000円台に戻しているなど、市場はまだ良い方向にあるのでは?と思っています。

前日のNY市場を受けていますが、その後NY市場は戻しているので、来週も米国に準ずる上下となりそうです。

日本での経済スケジュールでは、7/3の月曜日に、四半期日銀短観が発表されます。

発表次第では、市場が上下しそうですので、注意が必要そうです。

 

NYダウ

f:id:biskun:20170702104213j:plain

木曜日に、テクノロジー関連株が下落しており、不安定さが見て取れます。

それでも、21,400ドル付近と、以前強い市場のままです。

今週の、経済指数についても、良い結果が出ていますので、市場も国の状況も良い方向に向かっていると思います。

 

先週の経済指数

6/27 米・CB消費者信頼感指数  117.9  ⇨ 118.9    UP

6/28 米・住宅販売保留指数    -1.3% ⇨ -0.8%   UP

6/29 米・新規失業保険申請件数 24.1万 ⇨ 24.4万  UP

6/29 米・四半期GDP      1.2%  ⇨ 1.4%  UP

6/30 米・個人所得       0.4%  ⇨ 0.4%  EVEN

6/30 米・個人支出       0.2%  ⇨ 0.1%  DOWN

 

主なスケジュール

7/3 日・四半期日銀短観

7/3 米・ISM製造業景状指数

7/6 米・ADP民間雇用者数

7/6 米・貿易収支

7/6 米・ISM非製造業景状指数

7/7 米・非農業部門雇用者数

 

景気状況、雇用者数、貿易収支あたりが、メインの指標となりそうです。

貿易収支がどの位の値ででてくるか?

また、経済状況を示す指数が、上昇しているかがポイントとなりそうです。

 

金価格

f:id:biskun:20170702112033j:plain

先週からすると、やや上昇中です。

円安に向かっているため上昇しているとみて良いと思います。

米国の金市場については、現在価格が平均的な価格帯での取引がされているようです。このままの状況になるのではないかなー?

 

プラチナ

f:id:biskun:20170702112055j:plain

プラチナについては、下落が止まらないようです。

プラチナの需要が減っており、逆に供給量が多くなっているのが原因です。

そろそろ底だとは、思うのですが、こればかりは分からないですね。

 

私のプラチナ積立ては、大幅にマイナスです(´・ω・`)

 

以上、6月末、7月1週の市場状況でした。