ビスくんのフリースタイルライフ

ビスくんのフリースタイルライフ

節約生活とともに、フリースタイルライフを目指します。

スポンサーリンク


2017年6月 MCD,VWOの配当金が入ってきました。VTは、またも遅れている模様

f:id:biskun:20160827191833j:plain

びすくんです

 

2017年6月の米国株式の配当金報告です。

米国個別株の、MCD(マクドナルド)、VWO(バンガードFTSEエマージングマーケッツ)の2箇所から、配当金、分配金が出ております。

 

MCD(マクドナルド)

f:id:biskun:20170630102029j:plain

配当金支払日   :2017/06/19

1単位あたり金額:0.94ドル

米個別株・マクドナルドより、1770円の配当金が入ってきました。

※NISA枠での購入ですので日本の税金は引かれていません。

 

マクドナルドというと、ハンバーガー屋さんですね!

日本だと、「日本マクドナルドHD」が、ハンバーガーを作っています。

それの、親会社が米国のマクドナルドになります。

 

店舗数としては、セブンイレブンに次ぐ第2位。

低価格なハンバーガーと、最近では高級志向向けのハンバーガーを売ってきています。

日本では、最近、生肉を使用したパテ(ハンバーグ)を使って、高額な商品を出してきています。

クォーターパウンダーがメニューから、無くなったのはちょっと悲しいですがw

現在では、価格の拡大、商品のバリエーションを増やし、顧客数を増やしています。

 

日本では、健康志向、高齢化の波を受けそうな分野でもあり、今後、どのようになっていくか分かりません。

高齢化になれば、ハンバーガーを食べる機会も減るに違いないですしね。

 

日本マクドナルドHDではなく、米国のマクドナルドの株を購入したのはそのためです。

 

スポンサードリンク

 

VWO(バンガードFTSEエマージング・マーケッツETF)

f:id:biskun:20170630101938j:plain

分配金支払日  :2017/06/27

1単位あたり金額  :0.253ドル

米国ETFの、バンガード社の、FTSEエマージング・マーケットETF(VWO)の分配金、3,537円が出ました。

 

VWOとは、世界の新興国の株式を網羅したETFになります。

今後発展するであろう、新興国の株式ですから、怪しい国がいっぱい詰まってますw

f:id:biskun:20170630103551j:plain

お隣の、中国が一番多くの比率となっており、怪しいETFだ!と思ってしまうかも。

中国の企業にも、ハイテク化が進み、日本より活性化しているのでは?とさえ思ってしまいます。スマホでも、格安スマホが出始め、アップル、サムスンの牙城を崩しつつあります。

世界のスマホ売上では、

1位 サムスン 22,8%

2位 Apple    14.9%

3位 華為    9.8%

4位 OPPO   7.4%

5位 VIVO     5.2%

 

3位~5位が、中国のスマホメーカーです。

 

台湾では、PCの主要部分を作っていたり、大手半導体工場もあり、さらに活性化しそうです。

 

VTの分配金遅れが気になる

バンガード社の、トータルワールドストックETF(VT)は、全世界の大中小の株を網羅した、全世界の市場に連動するETFです。

 

去年のデータを見ると、大体20日頃には分配金が出ていましたが、ここ2ヶ月は、次の月に分配金が出ているようです。

 

今月のVTの配当金は、7月になってしまいそうですので、何が起きているのか分からないため、不安ですね。

 

 

《参考》

私が使用している証券は、SBI証券になります。こちらで外国株式を購入しています。

外国株式メインに使用するのであれば、マネックス証券がオススメです。

口座をまだ作成されて無い方、これから口座開設したい方はこちらから。

SBI証券 (右上の「今すぐ口座開設」から)

楽天証券

マネックス証券

購入手数料、口座手数料も安いので、オススメとなっています。

口座開設には、マイナンバーカードが必要になってきましたので、ご注意ください。

 

投資をはじめるなら、良い本を読むことをオススメします。

オススメの投資本を紹介します!投資する前に読みましょう!