ビスくんのフリースタイルライフ

ビスくんのフリースタイルライフ

節約生活とともに、フリースタイルライフを目指します。

スポンサーリンク


SBI証券で米国ETFの、バンガード社 S&P500 ETF(VOO)を追加購入しました。

f:id:biskun:20170330201543j:plain

びすくんです

 

昨日の夜に、米国ETFを追加購入しました。

バンガード社の、S&P500連動のETFVOOを40株購入

 

バンガード社の、S&P500 ETF(VOO)ってどんなETF?

設定元:米国バンガード社

経費率:0.04%

構成株式銘柄:508

時価総額の中央値:848億米ドル

利益成長率:7.8%

 

S&P500の指数といって、米国の大型株500の株をバランスよく購入しているETFです。

米国500社の株を分散して購入しているわけです。

f:id:biskun:20170615181537j:plain

保有割合を見ると、情報技術が20%と高く、アップルやグーグルが上位にいます。

 

情報技術セクターが下がると、このETFも基準価格が下がるといった、デメリットも存在します。

 

最近では、この情報技術銘柄が、軒並み高騰しており、いつ下落するのか?ヒヤヒヤしながら見ている方も居るのではないでしょうか?

 

米国株式ポートフォリオ

f:id:biskun:20170615181750j:plain

今回、バンガードS&P500 VOOを購入したことで、比率がUPしています。

VOOの比率は、16.9%となり、目標としている25%に近くなりそうです。

 

頭文字に、Vが付くものは、すべてバンガード社のETFです。

他4つは、個別株式になり、この4つで毎月配当金が出るため、「なんちゃって毎月分配型(仮)」と呼ぶチームですw

 

まとめ

今回は、以前から購入を決めていたのですが、タイミング的にどうだったのか?微妙なところです。

6月にFRBが利上げを行いましたが、市場は逆の見方をしており、経済指数も低い状態となっています。

 

しかし、長期間保持する予定で、購入したので、直近の上下にはあまり考え込まないようにしたいところです。

 

今後、比率を上げるために、もう少し購入する予定ではあります。

 

余談:VOOのことを、「ぶー」と呼んでるんですが、豚さんみたいに、資産も太ってほしいですね。

 

《参考》

私の米国株式を購入している証券会社は、SBI証券になります。

外国株式メインで使用するのであれば、マネックス証券がオススメです。

SBI証券 (右上の「今すぐ口座開設」から)

楽天証券

マネックス証券

購入手数料、口座手数料も安いので、オススメとなっています。

口座開設には、マイナンバーカードが必要になってきましたので、ご注意ください。

 

投資をはじめるなら、良い本を読むことをオススメします。

オススメの投資本を紹介します!投資する前に読みましょう!