ビスくんのフリースタイルライフ

ビスくんのフリースタイルライフ

節約生活とともに、フリースタイルライフを目指します。

スポンサーリンク


2017年6月2週の市場動向はどうだったか?

びすくんです

 

2017年6月2週の市場動向になります。

 

米国大統領のロシアゲート事件の動向が気になるところですが、今週は英国総選挙が主な出来事だったのではないでしょうか。

北朝鮮問題は、今のところ平穏なようです。

  

日経平均です

f:id:biskun:20170610232437j:plain

先週から引き続き、月曜日には、20,200円台と好調でしたが、週の半ばでは利益確定の売りが行われたのか、20,000円付近と下げていますが、市場は好調のようです。

 

来週も、20,000円付近での攻勢となりそうです。

米株も好調ですし、日本もその恩恵を受けそうですねー

 

6/15~16にかけて、日銀金融政策決定会合が行われます。

どのような会合になるかが注目です。

 

NYダウです

f:id:biskun:20170610232515j:plain

金曜日には、3つのイベントが重なりました。

米国ロシアゲート事件がらみで、元FBI長官による議会証言が行われました。

その他には、英国の総選挙、欧州中央銀行理事会が開かれました。

 

結果的には、とくに問題が発生しなかったと市場は受け止め、金曜日には上昇しています。

 

しかし、金曜日には、とあるセクターが大幅に値を下げています。

そのセクターは、ハイテク関連です。

アップル、マイクロソフトフェースブック、グーグル、NVIDIAといったハイテク関連が、軒並み下落し、3%近く値を下げているのもあります。

 

一時の利益確定売りなら良いのですが、このまま下がり続けると、市場の影響は高そうです。

 

経済指数はこのような状況でした。

6/5 米・ISM製造業景状指数      57.5 ⇨ 56.9    DOWN

6/8 米・新規失業者保険申請件数  24.8万件 ⇨ 24.5万件 DOWN

6/8 欧・欧州中央銀行(ECB)政策金利 0.00%  ⇨ 0.00%  EVEN

微妙に指数が低かったようですが、特に問題視されなかったようです。

 

今後の経済スケジュールはこんなところ。

6/14 米・消費者物価指数

6/14 米・小売売上高

6/15 FOMC政策金利発表

6/15 英中銀(BOE)政策金利発表

6/15 米・鉱工業生産

6/15 米・設備稼働率

6/16 米・住宅着工件数

 

特に大きなところは、FOMC政策金利発表にて、年内の利上げがあるのかどうか、といったところに注目が必要そうです。

6/15の木曜日の夜が山場のようです。どうなるかなー?

 

純金価格

f:id:biskun:20170610234751j:plain

GWには、地政学的リスク不安解消から下げていた価格から、徐々に上昇を続けています。

ロシアゲート事件を受け、上昇気味の金市場でしたが、ADP全米雇用報告が良かったため、週末に下落といった流れになっています。

来週の、経済スケジュールの結果によって、さらに上下しそうですが、このまま安定した価格を維持するのではないかと思います。

 

プラチナ価格

f:id:biskun:20170610234803j:plain

金価格と同様に、ADP全米雇用報告が良かったため、週末に下落となっています。

過去5年間を見ると、最安値が3306円付近となっています。ここまでは下がらないと思いますが、ほぼこの辺りが底なのでは?と思います。

 

プラチナの仲間である貴金属である、パラジウムがさらに上昇中です。

1グラム3380円付近まで上昇しており、さらに価値が上がってきそうです。

プラチナと比べると、300円差までと肉薄してきました。

どこまで上昇するのか!

 

 

以上、2017年6月2週の市場動向でした。