ビスくんのフリースタイルライフ

ビスくんのフリースタイルライフ

節約生活とともに、フリースタイルライフを目指します。

スポンサーリンク


三井住友TAM-SMT国内債券インデックスを売却。

びすくんです

 

※記事をリライトしました。

 

三井住友TAM-SMT国内債券インデックス・オープンを売却しました。

 

国内債券ということで、安全資産を作りたかったので、購入していました。

ところが、購入時期が悪かったのか、下落しており購入時期の値まで戻ってきません。

このまま放置しておくのも微妙でしたので、今回、売却を決意しました。

 

三井住友TAM-SMT国内債券インデックス・オープン概要

以前から購入していた国内債券インデックスはこのようなものです。

現在では、さらに信託報酬のコストが安い商品もでているので、購入する場合はそちらが良いと思います。

 

委託会社:三井住友トラスト・アセットマネジメント

野村BP総合と連動する、国内債券のインデックスファンドです。

信託報酬 0.3996%

信託残参留保額 0.05%

 

現在のチャート

f:id:biskun:20170601090219j:plain

 

チャートを見ると、2016年5月を目途に、下落へと進みました。

私の、現在の損益率は、-2.17%

1%位増えればいいな、くらいだったのですが、逆にマイナスでした。

 

金利変動リスクで、一時的に値下がりする場合があり、私の購入時期が悪かった事もあります。

国内債券でジャンピングキャッチしてしまったのが元の原因です。

長期間保持していれば、元の基準価格に戻ったハズですが、今回は手放すことにしました。

 

主な資産状況はこちら

f:id:biskun:20170530105741j:plain

利府付国債がメインです。5年ものが多いようです。

 

年間収益率

f:id:biskun:20170530105851j:plain

年間での収益率は良いようです。

平均で、1.5%/年でしょうか?直近では3%と収益率は高いようです。

 

 まとめ

今回身をもって体験したわけですが、タイミングが悪いと短期間では損をする確立が高まります。長期間の投資として5年以上など、先を見て投資をした方が良さそうです。

今回は、残念ながら、売却となりましたが、年代が上になる頃には日本国債の比率を上げる予定を立てています。

そのときには、さらに良い国内債券インデックスが登場しているかと思います。