ビスくんのフリースタイルライフ

ビスくんのフリースタイルライフ

節約生活とともに、フリースタイルライフを目指します。

スポンサーリンク


SBI証券のiDeCo(個人型確定拠出年金)に、新商品が登場。スパークス・日本株式スチュワードシップ・ファンドが追加!

f:id:biskun:20160723143928j:plain

びすくんです。

 

SBI証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)にて、

2017年5/24から、商品が1つ追加となりした。

 

【元本変動型商品】
 1. スパークス日本株式スチュワードシップ・ファンド

 

スパークス日本株式スチュワードシップ・ファンド(愛称 対話の力)とは?

販売会社:スパークス・アセット・マネジメント

純資産額:11億円(2017年4/30現在)

 

日本の株式を中心に、中長期的リターンを狙ったファンドのようです。

キャピタルゲインインカムゲインの2つを狙っています。

※成長と配当両方取れるファンドのことです。

 

f:id:biskun:20170526175354j:plain

                            目論見書より

投資候補企業の選定としては、

・現在の株価が、その企業の潜在的な価格に比べて割安か?(バリュー戦略)

・経営の質が改善され、企業価値が向上する余地があるか?(成長性戦略)

この2点に重きを置いているようです。

 

直近のチャートは、このようになっています。

f:id:biskun:20170526180849j:plain

 

組み入れ銘柄

f:id:biskun:20170526175714j:plain

資産配分は、日本株式へ92.5%とリスクが高めです。

組み入れは、今後成長が伸びる、かつ、株価が安いバリュー投資となる。

 

どちらかというと、大型株というよりは、中小企業の株を購入し、長期的に見て成長するであろう企業に比率を高めているようです。

 

購入手数料、信託報酬

購入手数料      3.24% (税込み)

運用管理費(信託報酬) 1.836% (税込み)

実績報酬 指標の超過分から 21.6%(税込み) 

解約時信託財産留保額 0.3%

 

まとめ

非常に、残念ですが!!!!!

なしです!!!!

 

中長期の投資を狙った、バリュー株式を狙ったファンドです。

目の付け所は、良いと思いますが、手数料、信託報酬が高すぎます。

また、実績報酬として、株価が大幅に上がった場合は、さらに徴収されてしまいます。

 

このような、商品を、SBI証券が、ナゼ!、ラインナップに取り入れたのか!!

残念でなりません。

 

これは、キット、こういう悪いファンドもあるから注意してね(ハート)

という反面教師的な事で、取り入れたんですよ、キット。

 

もっとまともな、インデックスファンドとかあるので、こちらがオススメです。 

今回は、残念な商品でしたが、また新しい商品が加わると思います。

 

 

《参考》

個人型確定拠出年金を始めるなら、下記の証券の口座開設したほうが良いと思います。

SBI証券の場合は、資料請求から始めてみるのがオススメです。

SBI証券

楽天証券

この2つが、現状、最良の商品を取り揃えています。

また、口座手数料も安いので、オススメとなっています。

 

投資をはじめるなら、良い本を読むことをオススメします。

オススメの投資本を紹介します!投資する前に読みましょう!