ビスくんのフリースタイルライフ

ビスくんのフリースタイルライフ

節約生活とともに、フリースタイルライフを目指します。

スポンサーリンク


2017年5月1週の市場動向はどうだったか?日本市場はGW休み、米国は堅調だったようです。

びすくんです

 

GWも終わりに差し掛かっています。ゆっくり体を休めたでしょうか?

個人的には台湾に行きたかったのですが、セブンイレブンの「旨辛台湾まぜそば」で我慢しました(笑)

 

日経平均です

f:id:biskun:20170507094108j:plain

先週に引き続き、好調を維持し19500付近まで上がってきました。

今週は、GWのため2日間の営業でしたが、堅調ですね。

 

ニュースでは、北朝鮮の口撃が続くようですが、まだまだ安心は出来ない感じはありますが、このまま安定しそうな雰囲気もあり、どうなるか分かりません。

 

日本はGWでしたが、米国市場はこの間も開いており、好調を維持しています。

GWの5/8開けの市場は上昇するのではないかと思います。

 

米国のダウ平均です

f:id:biskun:20170507094614j:plain

先週に引き続き、安定して20,950ドル付近を行ったり来たりしています。

5/5には、21,000ドルまで回復しました。来週は年初来高値更新するかどうかです。

 

経済指数については、

5/3 米連邦公開市場委員会(FOMC)が行われ金利が発表されましたが、0.75-1.00%と前回値と同じ。

5/5 4月非農業部門雇用者数変化 前回9.8万人 ⇨ 21.1万人 大幅UP

5/5 4月失業率         前回4.5%  ⇨ 4.4%    小幅UP

指数を見ても、市場は安定または上昇を続ける可能性が高いです。

 

今後の経済指数スケジュールですが

5/12 米・消費者物価指数

5/12 米・小売売上高(前月比)(除自動車)

5/12 米・ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)

この3つの、消費物価系統の指数がメジャーなものとなります。

米国の消費意欲がどのようになっているかが、わかるわけです。

 

純金価格

f:id:biskun:20170507095911j:plain

米国側からの見立てでは、北朝鮮問題はホボ安定したと見ているのかもしれません。

純金価格が下落へと進んでいます。

 

当グラフは日本のみですのでGWまでになっていますが、米国の純金市場では、1オンスの価格で1263ドルから、1228ドルまで下落しております。

月曜日以降、円安もあり、平行線か下落へと進むのではないでしょうか?

 

プラチナ価格

f:id:biskun:20170507100700j:plain

金と同じような動きを取っていたプラチナですが、現在は正反対なグラフです。

プラチナの生産量が供給過多となっており、それもあるのかもしれませ。

さらに下落が進むと見ていいでしょう。

 

私のプラチナ積立ては大損です。_| ̄|○

 

まとめ

4月に下落した市場は元に戻り、さらに上昇気流に乗っているような雰囲気です。

私の持っている株式も、米国の上昇により年初来から1.3%の利益がでています。

 

来週は、日本のGW開けとなっており、その間に好調だった米国の市場を好感して上昇しそうです。

 

以上、5月1週の市場動向でした。