ビスくんのフリースタイルライフ

ビスくんのフリースタイルライフ

節約生活とともに、フリースタイルライフを目指します。

スポンサーリンク


低コストインデックスファンドが生まれたぞ!その名も eMAXIS Slimが2/27から!

f:id:biskun:20170211214009j:plain

びすくんです。

 

低コストインデックスに、新たに仲間が増えました!

三菱UFJ国際投資より、eMAXIS Slimという名前です。

※2017年2/27からの販売です。

 

三菱UFJ国際投資では、今までeMAXISという名前のインデックスファンドが存在します。累計1.5兆円規模のファンドを作っている大手のファンド会社です。

しかし、今まで積み立てを行っていた方には残念ですが、eMAXIS Slimは、更に低コストのファンドになるようです。乗り換えたい人も多いかもしれません。

 

追加されるファンドはコレ

eMAXIS Slim 国内株式インデックス  信託報酬 0.180(税抜き)

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 信託報酬 0.200(税抜き)

eMAXIS Slim 国内債券インデックス  信託報酬 0.140(税抜き)

eMAXIS Slim 先進国債券インデックス 信託報酬 0.170(税抜き)

この4ファンドです。

残念ながら、新興国株式インデックスは含まれていないようです。

 

過熱する低コストインデックス時代なのか?

ここ数年、色々な会社が低コストのインデックスファンドを、世に出してきています。

ここ6年で、下記のように信託報酬が下がってきました。

例ですが

国内株式インデックス  0.42% → 0.18%

先進国株式インデックス 0.57% → 0.20%

新興国株式インデックス 0.63% → 0.36%

国内債券インデックス  0.39% → 0.14%

先進国債券インデックス 0.54% → 0.17%

 

これだけ低コスト化されてきており、投資信託で積立している方にとっては、かなりのコストダウンにつながってきているのではないでしょうか?

 

注目点はさらに、業界最低コストを守るところ

低コストなファンドを各社が出して他のファンドを抜くことで、徐々に下がってきた信託報酬ですが、今回追加するeMAXIS Slimは、他社がさらに低コストのファンドが追加された場合には追従して下げるという話です。

 

つまり、今回のこのファンドを購入し続けることで、安心してほったらかしにできることになりそうです。

 

私の個人型確定拠出年金の話になりますが、インデックスファンドの低コスト化が進むごとに、色々と商品を変更してきました。

まずは、大和証券の外国株式インデックス → SBI証券のEXE-i 先進国株式ファンド → ニッセイ外国株式インデックス

このように、スイッチング(預け替え)を行い、面倒な手順をしています。

スイッチングの期間は、1週間かかってしまうため、その間に暴騰してしまったりと、複雑な思いをする必要がなくなりますよねー。

 

今回は、まだプレリリースの情報ですので、2017年2/27の情報を確認する必要があります。それまでは楽しみに待とうと思います。

 

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ