ビスくんのフリースタイルライフ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビスくんのフリースタイルライフ

節約生活とともに、フリースタイルライフを目指します

スポンサーリンク


ねんがんのダイスキンを手に入れたぞ!

びすくんです

 

そろそろ来年用の、手帳や日記などが書店に出回りました。

11月に入り、年末の雰囲気がひしひしと伝わる季節です。

 

そこで、ネットで調べているうちに、コレだって思ったのが。

 

ダイスキン!という物です。

 

これブログをやっていた人の、造語なんです。

100円ショップのダイソー + モレスキンをかけ合わせただけです

 

モレスキンとは

ゴッホや、ピカソなどが愛用していた、手帳やノートブックのメーカー

それが、モレスキン(MOLESKINE)です。

 

ゴッホなどは、この手帳にデッサンとか、いろいろ記述して使ったとか言う話もあるくらいです。

 

私も、5年前に2800円出して、このモレスキンの手帳を買いました。

ハードカバーの手帳で、ゴムバンドで固定することで、開かないようになっています。

中の紙は、書き心地がよく、ボールペンで書いてますが、スラスラと書ける感じです。

裏写りもなく、紙質も素晴らしいです!

 

でも、5年もの歳月が過ぎましたが、まだ1冊目なんです。

庶民なので、もったいなくて使えない!

大事なことを書く時とかに使用しているため、まだ半分くらい空白です。

 

文房具界では、この手帳のモレスキンと、万年筆のモンブランをかけ合わせると、最強ではないでしょうか?

 

 

ねんがんのダイスキンを購入したぞ!

近くのダイソーに、早速でかけました。

 

手帳コーナーを見渡しましたが、ありません・・・

 

どうやら、スケジュール帳コーナーが特設されていました。

色は、黒のみ。

 

さっそく、108円払って購入してきました。

 

見た目、素材感などが忠実に再現されているじゃないですか!

知らない人は、モレスキンと区別つかないと思います。

 

帯を見ると、MADE IN CHINA でした。_| ̄|○

 

精巧に作られているので、本家に怒られないのかな?とか不安になるくらい似てます。

さすが、パクリの国が作っているだけあじぇjかjふぇおwfw

 

ということで、うちにはモレスキンが2冊に並んでいます。

来年のスケジューリングが楽しみになってきました。

 

書き心地は、今のところ分かりません。

紙質は、本家には劣るんでしょうが、見た目勝負です。

 

※追記

 後からレシートを見てみたら吹きました

 品名 Daiskin 108円って書いてあるじゃない!

 これは、確信犯ですね!いいぞもっとやれ!! 

 

まとめ

こんな似たようなモノを作って、本家がつぶれてしまわないか不安になりますが、本物というのは、やっぱり違ったものです。潰れるようなことはありません。

 

ただ、ちょっとしたところが、正規品と違います。

・手帳の角が丸まっているが、ダイスキンは指で触るとボコボコしている。

・紐のしおりが付いていない。

・後ろ表紙の裏に、マチ付きポケットがついてない。

コノくらいの違いです

 

当分の間は愛用してしまいそうな、不安感がただよってます。

なんというか、浮気してしまった風な、感じです。

※してません

 

そんな感じで、気になる方は一度ダイソーで確認してみては、どうでしょうか?