ビスくんのフリースタイルライフ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビスくんのフリースタイルライフ

節約生活とともに、フリースタイルライフを目指します

スポンサーリンク


各証券会社の、インデックスファンドの運用管理費の引き下げ、仁義なき戦い

投資

f:id:biskun:20160906232500j:plain

びすくんです

 

最近のインデックスファンドの、運用管理費(信託報酬)が、ぞくぞく下がってきているニュースをよく見ます。

 

ぞくぞく下がる運用管理費

つい先日には、大和証券より「iFreeインデックスファンド」が低コストで出てきた。

それについで、「ニッセイアセットマネジメント」より、信託報酬引き下げのニュースが飛び込んできました。

シリーズ7商品についてコストをさげてきたようです。

 

これにより、ほぼ横並びの運用管理費となりました。

 

ニッセイアセットマネジメントの運用管理費の引き下げ

引き下げ率は、下記のようになるようです。

平成28年11月22日より引き下げ(税抜き)

・ニッセイTOPIXインデックスファンド    運用管理費 0.180%

・ニッセイJPX日経400インデックスファンド 運用管理費 0.195%

・ニッセイ国内債券インデックスファンド     運用管理費 0.145%

・ニッセイ外国株式インデックスファンド     運用管理費 0.200%

・ニッセイ外国債券インデックスファンド     運用管理費 0.170%

・ニッセイJリートインデックスファンド      運用管理費 0.250% 

・ニッセイグローバルリートインデックスファンド 運用管理費 0.270%

 

さらに下がるのを期待

私は、ニッセイ外国株式インデックスを、個人型確定拠出年金(iDeCo)で積立しています。

今回のことで、信託報酬が「0.240%」から「0.200」へと下がってきました。

 

各証券会社の、信託報酬版 仁義なき戦いでしょうか。

いや、インデックス戦国時代なのかもしれません!

 

良い傾向です。10年前まではインデックスファンドの信託報酬(運用管理費)は、1%を超えるコストの商品だらけでした。

 

アメリカのETFへのリレーはもうしなくて良いかも

私は、ある一定のインデックスファンドが積立できたら、さらに低コストの米国の株式ETFに投資を切り替えていました。

ですが、もうこのような、リレーをしなくても良いのでは?と思うようになりました。

 

購入しているのは、バンガード社のVT(トータル・ワールド・ストックETF)です

経費率(運用管理費)は、0.14%です。

購入するまでは、手間ヒマがかかります。

・円をドルに変換する

・購入する(購入手数料20ドル)

・購入時間帯は、深夜~早朝

 

日本のインデックスファンドが0.20%まで下がっていることから、リレーしてまで購入する必要がなくなったと思います。

 

現在の信託報酬

・VT 0.14%

・ニッセイTOPIXインデックス  0.18%

・ニッセイ外国株式インデックス 0.20%

 

純資産額の違いはありますが、信託報酬に違いはあまりないですね!

新しいファンドが生まれてきて、さらに下がるかもしれません

 

まとめ

各社から、低コストのインデックスファンドが続々でてきています。

または、現在の商品の信託報酬の引き下げが起こっている。

 

今後も、同じような感じで、低コスト合戦が次つ次に起こるのではと思っています。

 

どれを購入するか?で悩むようになるかと思います。