ビスくんのフリースタイルライフ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビスくんのフリースタイルライフ

節約生活とともに、フリースタイルライフを目指します

スポンサーリンク


やっぱり、仕事では周りの環境が大事だよね

f:id:biskun:20161025192126j:plain

びすくんです

 

ニュース等で騒がれている、広告大手の電通の問題で、対処方法が、残業しないようにビルの消灯を22時にしたと報じられています。

22時って、早いのか?って疑問もありますが、それ以上に酷い残業時間と劣悪な環境だったのでしょう。

 

昔働いていた会社はブラックだったのか?

私の昔勤めていたIT系の会社では、残業は月80時間を超えたりしていました。

残業はもちろんですが、徹夜での作業というのも多くあったと思います。

今考えると、その当時はやる気があり、気力もあったからかと思います。

また、仕事していて楽しかったのもあったからかと思います。

 

残業時間は、1ヶ月の制限があり、オーバーしたものについては、次の月に換算するなど、裏手口を使っていました。(今考えるとブラックですね)

その手も使えなくなると、3ヶ月分の残業代が未払いになったりしていました。

※後から暇な月につけたりしていました。

 

仕事の山と谷があり、暇な時は、9時には退社できていました。

21時で早いなって思う時が有るくらいのもので、今では考えられないですね。

家に着くと、23時ですから、家ではほぼ寝るだけの生活を過ごしていました。

それでも、土日のどちらかは休みになっていたので、まだましだったのかもしれません。

それでも、辛いと思ったことがあまりありません。

グループメンバーの意思疎通や、目標に向かって行く姿勢、コミュニケーションがうまくいっていた。

そのせいも有り、会社に行くのは苦痛では無かった。

 

もし、これらが正反対の状態だったらどうだったでしょうか?

残業が多く、人ともコミュニケーションが取れず、精神的に滅入っていった気がします。

働く中で、環境って一番大事だと思います。

いかに気持ちよく仕事ができるか、そうもっていけるか。

これって結構大事ですよね。

 

色々と昔を振り返ってみましたが、その当時は人にも仕事にも恵まれていた、と感じるようになりました。(残業は多かったけどね)

 

もし、次に働く場合は、そういう場所だったらと願うばかりです。

たぶん現実は厳しいと思いますが・・・

 

以上、思ったところを書いてみました。

ここまで、お読みくださいりありがとうございます。