ビスくんのフリースタイルライフ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビスくんのフリースタイルライフ

節約生活とともに、フリースタイルライフを目指します

スポンサーリンク


梨の食べ比べをしてみました

日記

f:id:biskun:20161017171851j:plain

びすくんです

 

ぶどうのマスカットの食べ比べを以前しましたが、第二弾は、梨の食べ比べを行いました。

 

biskun.hatenablog.com

 

秋といえば、果物の季節です。

子供の頃の記憶で、梨狩りをした覚えがあります。

梨農園にいき、背を伸ばして美味しい梨を取って食べた記憶が蘇ってきます。

 

今回は、3種類の品種を購入してきました。

味、みずみずしさ、甘さ等が結構違うものです。

 

 

幸水(こうすい)

梨といえば、私の中では、これがぞ梨と記憶にあるのですが、人によっては豊水の方という人もいます。

1959年に交配してできた赤梨です。日本では40%のシェアを確保しているそうです。

実の大きさは中玉くらいで、果汁たっぷりで、甘みが強いのが特徴です。

汁気が丁度良い感じがします。豊水よりは汁気が少なめですが、食べやすい気がします。

 

・二十世紀

1888年に千葉で発見されたそうですが、鳥取ブランド梨のようです。

実の色は、黄緑色でサイズは中玉くらいです。

甘みはどちらかというと、バランスがよく、酸味が若干します。

飽きない味といった風でしょうか。

子供の頃よく食べていたので、サッパリして美味しかった思い出があります。

 

・陽水(ようすい)

少年時代がリフレインしそうですが、梨の名前です(笑)

2001年に、品種登録された、ニューフェイスです!

サイズがかなり大きく。晩生種となり秋深し頃に取れるようになります。

果肉は固めでシャリシャリ感がすごくあります。

甘みに若干の酸味があります。

 

3種類の梨を食べ比べてみましたが、個人的な順位を発表します!!

 

陽水(ようすい)>幸水(こうすい)>二十世紀

 

トータル的には、実が大きくコストパフォーマンスよし、甘さと酸味のバランスが良い、陽水が一番と感じました

 

幸水は、安定した甘さで美味しいのですが、2位とさせてもらいました。

二十世紀は、思い出補正では、1位ですが、今回は3位です。残念

 

以上、ここまでご清聴ありがとうございます。