ビスくんのフリースタイルライフ

ビスくんのフリースタイルライフ

節約生活とともに、フリースタイルライフを目指します。

スポンサーリンク


VT バンガード・トータル・ワールド・ストックETFで、資産を作ろう!

f:id:biskun:20160816104241j:plain

 

投資ブロガーが選ぶ!Fund of the Yearにて、注目され上位に位置づけられている

バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(以下VT)。

 

VTのみで、世界分散投資

VTは、世界47カ国の約8,000銘柄の、大型、中型、小型株で構成され、

全世界の投資可能な市場時価総額の98%以上をカバーしています。

 

この、VTに投資すれば、先進国から新興国までの世界中の株式市場へ

分散投資ができます。

 

地域別構成比率では、2017/3/31現在

北米 56.5%

欧州 20.4%

太平洋 14.0%(日本含む)

新興国 8.8%

中東  0.2%

 

 日本でも、類似したような投資信託は存在しますが、

株式だけではなく、債券も含んだものになり、VTとは意味合いが違う。

・セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

eMAXISバランス(8資産均等型)

・世界経済インデックスファンド

 

■優れている点

・低コストであること。

 経費率 0.11% (5/11現在)

・分配金は年4回(いらないという説もあるが)

 分配金利回り 1.56% (4/21現在)

 

■悪い点(個人的に思うところですが)

・北米 56%と比率が高く、特にアメリカ市場の上下動に感化されやすい。

 新興国 8.8% など、中身がどのようになっているかですが、最近は中国あたりの株が多く割り当てられたりと、バンガードの采配にかかっている。直近ですが、中国2.2%、韓国1.7%となっています。

分配金の再投資が自動ではないので、自分で行わないといけない。

売買手数料が割高。

 

投資ブロガーが選ぶ!Fund of the Year受賞履

2013年Fund of the Year受賞(1位)

2014年 2位

2015年 3位

2016年 3位

 

2013年から、SBI証券マネックス証券等の証券会社を通じて、日本でも購入可能になり、年末に行われたこの祭典にて、すぐに、Fund of Yearに選ばれるなど、注目度は高かった。  

しかし近年は、ニッセイ外国株式インデックスファンドに表が集まり、年々順位が下がってきている。

 

VTを購入するならばSBI証券か、マネックス証券がお得 

VTは、アメリカ市場でしか売買できません。

そのため購入通貨は、アメリカドルになります。

 

SBI証券の場合のみ》 

コストを削減する方法として、SBI証券のFXαを使用してドルを購入するとコスト削減が可能。

※ただし1万ドル以上からしか買えない

 

・FXαにて、1万ドルを購入(1ドル100円として、日本円100万円分)

・決済注文で、現引を行うことで、1万ドルに変換

 ※現引には、105%の預託保証金率と、10万円分の預金がないとできない。

  1ドル100円の場合は、(1,000,000円☓1.05)+100,000円の証拠金が必要

  =1,150,000円 あればよいということになる。

・VTを購入 SBI証券は、指値注文しか対応していませんので、

  手入力と購入タイミングを自分で図って購入します。

  取引手数料 20米ドル

 

f:id:biskun:20160816155956j:plain

 

マネックス証券の場合のみ》 

外国為替取引にて、ドルを購入しないといけません。

 為替手数料は、米ドル25銭がかかります。

 ・TradeStation にて、VTを設定しておき、成行注文、指値注文等が可能です。

 取引手数料 20米ドル

 

f:id:biskun:20160816155003j:plain

 

 VTについて、気をつけること

 長期間運用したい方には、VTはかなりの優位性を持っていると思います。

 

 ・年に4回利息がでるが、自動買付けを行ってくれないため、

 次回の買付けを行うタイミングに、合わせて購入するようになる。

・取引手数料が、5~20ドルと高いので、ある程度の数量を買わないと、手数料負けしてしまう。最低25万位から買わなくてはならない。

・購入する場合には、特定口座で購入しましょう。

・NISAで購入する場合は、手数料5~20ドルがかかりませんので、枠が残っている方は、どんどん利用した方がいいと思います。

 

《参考》

私の使用している証券は、SBI証券になります。

NISAを使用して、外国株式メインに使用するのであれば、マネックス証券がオススメです。

SBI証券 (右上の「今すぐ口座開設」から)

楽天証券

マネックス証券

購入手数料、口座手数料も安いので、オススメとなっています。

口座開設には、マイナンバーカードが必要になってきましたので、ご注意ください。

投資をはじめるなら、良い本を読むことをオススメします。

 

オススメの投資本を紹介します!投資する前に読みましょう!